xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

全日本プロレス : ヨシタツさんが全く違和感なく全日本の一員になっている件 ~もう新日本には帰ってこないんでしょうね、の巻~

www.instagram.com

 

 

心地良い居場所を見つけるコト

スッゴク大切なコトですよね!

 

 

ヨシタツさん

新日本の生え抜きだったはずだけど

もう何の違和感も無く全日本の一員に収まった模様

 

 

 

 

てさて。。。

 

 

 

新日本の伝統が、ある意味で「完成」されたプロレスだとすれば

現在の新生・全日本の伝統は未だ模索中の「未完成」のプロレス

 

 

言い換えれば・・・

全日本のプロレスの人気は、後楽園ホール札止めできる程度に客足も回復

「これが全日本だ!」と胸を張って言い切れるモノが作られ始めている証左

 

 

まだまだ完成には程遠いけれど、決して新日本のコピーではない

自分たちの『形』を、ほとんど手探り状態から作り上げつつある

 

 

コレがアザゼルが全日本を今も観戦し続けている理由なんです

「完成」されたプロレスの先にあるものって・・・

ぶっちゃけ、見た目を派手にラッピングするぐらいしかないんですもの

 

 

新日本の「完成」されたプロレスは大好き

貴重な時間とお金を消費して観戦するんですもの

 

「W-1」のように

『逆の意味でハラハラしちゃう』

(一部を除き、学生プロレス・レベル)

 

なんてことがありません

「安心」して観戦できないのって辛いですものね

 

 

 

ね。。。

 

 

 

もがき苦しみながら、レスラーたちが自分たちの『形』を模索し続ける過程

それを「証人」として「共犯者」としての関係を構築できる全日本の観戦者

 

 

これを面白いと思うのか

時間の無駄だと思うのか

 

 

人それぞれだけど

アザゼルは・・・

 

 

「新日本の生え抜き」のくせに全然「完成」されていない我らがヨシタツさん

そんな彼が現在の全日本にシックリしちゃったのは、根拠がないわけじゃない

 

 

そう思ったり

(事実、ヨシタツさんのベストバウトは全日本のマット)

 

 

 

かも。。。

 

 

 

全日本には、新日本にはない

 

巨大な身体』

 

を売りにする選手が多い

 

プロレスで身体の大きさは、そのまま非常に大きなアドバンテージになりますもの

(本来なら諏訪魔さん辺りがドーンと売り出さないといけなかったけど・・・)

 

 

アザゼル一押しの宮原健斗(現・三冠チャンプ)さん

その身体はリアルに棚橋さんより一回り大きい

 

 

 

いうわけで。。。

 

 

 

毎度恒例ではございますが

 

メイCEO

トット宮原さんを

新日本に引き抜いてくださいっ!!

 

・・・っていうか

ナニやってんのよ

仕事してよ、仕事

 

 

あの驚異的なスタミナと打たれ強さは

まさにまさにまさに(笑)

全盛時代の棚橋さんを彷彿とさせる身体能力

 

 

よろしくぅ~

 

(* ´艸`)クスクス