xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

いわゆる「仮想通貨交換業者」は、金商法に規定する「取引所」などでは決してない ~レベルに雲泥の差があるにも関わらず、報道機関の記事が一般投資家に誤解を与えているのではないか?の巻~

 

 

ずっと気になっているんですが・・・

 

現時点において「仮想通貨」の交換業を規制している主たる法律は資金決済法。

 

記事にあるような業者は、あくまで交換業者であり、金融商品取引法に規定されている金融商品取引所などでは決してございません。

 

そろそろ「仮想通貨交換業者」で呼称を統一すべきではないでしょうか。

 

金融商品取引所とは根拠規定が全く異なり、あらゆる意味でレベルに雲泥の差がございますもの。

 

 

 

こんな風に思うのは。。。

 

 

 

「取引所」の呼称は、規制(根拠法令等)に疎い報道機関が勝手に書いているだけ。

 

いわゆる「取引所」(東京証券取引所に代表される金融商品取引所)などでは決してないにもかかわらず、一般投資家に誤解を生じかねないのでないか、と懸念するからでございます。

 

仮想通貨交換業者と金融商品取引所を、あたかも同列であるかのように記載するのは、投資家保護に反しかねないのではないか。

 

アザゼルは、個人的に非常に強い懸念を持ちます。

 

 

むしろ。。。

 

 

一般事業者でしかない者を取引所とは・・・

 

『片腹痛い』

 

との思いすら抱きます。