xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 内藤さん、ケニーさんにマジ感謝でしょうね ~ケニーさん『光り輝くクズ』を演じるの巻~

 

 

 

 

ケニーさん

(※日本語で)

「この団体のトップはこの俺様です。

 イブシさんは2番か、タイで私と並んで一番ですね。

 ナイトーさんは……3年前から、偉そうなキャラを

 やってましたね。

 みんな、もう飽きちゃったですよね。

 目を覚ましてください! 

 外国人ファンも飽きちゃって、

 日本のファンもすごい、飽きちゃってる。

 毎日見るからさぁ。

 控室のみんな、ボーイズ、オマエのキャラクターは

 かなり好きじゃない。

 もしかしたら、クビになってほしい可能性もありますね。

 オマエと試合、するのが好きですよ。

 だ~からさぁ、来年も、同じブロックか決勝戦で、

 オマエが進化してください。

 もっと強いナイトーさんと試合したいんですよ。

 これで、終わり。」


※内藤はノーコメント

 

 

内藤さんは、きっと・・・

 

『ありがとう!

  本当にありがとう!

    ケニー・オメガ!!』

 

と心の中で叫んでいらっしゃることでございましょう。

 

 

 

うしてかって!?

 

 

 

内藤さんは、強いて申さば『小泉旋風』を起こして総選挙に大勝した

新日本プロレス

小泉純一郎さん

 

 

古い体質のまま変わろうとしない組織に対し

 「自民党をぶっ潰す!」

とのスローガンを掲げた小泉元総理。

 

 

彼が国民から圧倒的な支持を得て総選挙に大勝したように

 「制御不能

とのスローガンを掲げた内藤さんは、

 『内藤劇場』

そのままに、新日本プロレス・ファンから圧倒的な支持を得たわけなんですが・・・

 

 

でも、そこには大きな問題が・・・

 

 

劇場型政治』ならぬ『劇場型プロレス』を演じ続けるためには

内藤さんの存在を

頭から否定する敵対勢力

が必要不可欠だということ。

 

 

内藤さんは「野党っぽい与党」だからこそ

 『内藤劇場』

を続けられる。

敵対勢力がいなくって、ファンから「マジ与党」とみなされてしまっては元も子もございません。

 

 

 

からこそ。。。

 

 

 

アザゼルは、メイCEOに

 『のCEO』

の汚れ役を期待したんですが・・・

 

「絶対にやらないっ!!」

と秒の速さでご当人が否定しちゃったもんですから

ド~するんだろうと心配いたしておりました。

アザゼルが心配するような問題じゃないんですけれど (;^_^A )

 

 

本当なら・・・

団体の至宝を手中に収め続けたオカダさん

彼が内藤さんの敵対勢力とならなければいけなかったわけですが・・・

フィジカルは確かに驚異的なものの・・・

結局、後藤さんやヨシハシさんとつるんで遊んでいる始末。

 

 (´・ω・`)ショボーン

 

 

かといって圧倒的ベビーフェイスの棚橋さん

当の昔に全盛期を過ぎてしまい・・・

そもそも敵対勢力には成り得ない・・・

 

 さらに(´・ω・`)ショボーン

 

 

 

ある意味、危機的状況で登場してくれたのが

新たに団体の至宝を手中にしたケニーさん。

ケニーさんの凄さは、自分の置かれた立場や状況をちゃんと理解したうえで行動し、発言できること。

 

 

まさに

『光り輝くクズ

そのもの。

コレって凄くないですか???

 

 

今回のケニーさんの

 『内藤さんへの口撃

に対する内藤さんのファンの怒りは凄まじく

ケニーさんからすれば、まさに

「デスノート のとおり」の画像検索結果

 

 

っていうか、内藤さんからすれば・・・

「ありがとう」の画像検索結果

 

 

落涙しながら感謝しなけりゃいけないレベル。

 

 

 

 

なみに。。。

 

 

 

一口に

『光り輝くクズ

とはいっても、演じるのは決して容易なことではございませんよね。

その発する言葉に見合うだけの実力と実績が不可欠なんですもの。

 

 

ケニーさんは現在、団体の至宝たるIWGPヘビー級のチャンプ。

団体のトップ選手だからこそ、その言葉には説得力が生まれる。

 

 

 

~でもいいですけれど。。。

 

 

 

単に『クズ』でいいのなら、ヨシハシさんに

「俺のハートは砕けたか?」(意味不明)

とでも言わせておけば良いのですし。

 

 

おっと・・・

誤解しないでくださいね。

アザゼルは吉橋さんを馬鹿になんてしていないのですから。

あそこまで行けば、

『立派な

の域に達していると思いますぞ、ホントに。

 

 (* ´艸`)クスクス