xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

宇宙 : 人類に残された未知の領域 ~でも・・・私たちの知り得る領域は、ほんの少しだけなのかもしれないの巻~


 

 

ある人曰く

「かつてないほどに貧困の問題が取りざたされている日本で

 呑気に空ばかり眺めている研究に貴重な国費を投入するのは

 果たして正しい判断なのか、今一度考えてみるべきではないか。」

 

 

アザゼル、密かに心の中で思った

『腹を空かせて街中をウロついている野良犬なら

 多分、そう思うんでしょうね・・・

 未知の領域を制覇するために知恵と知識を動員してきた人間が

 眼前に広がる世界にだけとらわれるのは、実におぞましき限り。』

 

 

偉そうに上から目線で

(m´・ω・`)m ゴメン…