xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 新社長、日本を知り尽くした外国人経営者に交代 ~今後は一層のWWE化が避けらないのだろうけど・・・その前に、アザゼルは新社長をチット問い詰めたいの巻~

 

 

誰がどう考えても、新日本プロレスの将来は、一層のWWE化。

 

もちろん、WWEとの差異を明確化させるため、ソープオペラのような路線ではなく、リング上での激しい闘いを全面に押し出す方針は堅持されるはず。

 

だって・・・

『ストロング・スタイル』

なんですもの。

 

     (* ´艸`)クスクス

 

 

 

もね。。。

 

 

 

かつての柴田さんのように

「リアルにを削る」

みたいな、激し過ぎる闘いを継続するという選択は・・・

 

  

WWEのように、意図的な頭突きの禁止、頭部への直的な打撃の制限、などなど。

プロレスの「なんでもあり」の意味するところが、大きく変質しちゃう可能性は否定できないんでしょうね。

 

 

 

っとも。。。

 

 

 

新日本プロレスが、安心してWWE化を推し進めるコトができる大きな理由には、いうまでもなく国内にライバルらしいライバル団体が存在しないこと。

 

 

多少WWE化が進んでも、全日本プロレス、ノア、W-1、ゼロワンあたりが、その代替えとして浮上することは、現状を踏まえれば、考え難いですもの。

 

 

大日本プロレスDDT、ゴラゴンゲートの準大手は、すでに独自路線を構築しているので、その間隙を突くような団体ではございませんし。

 

 

 

れは置いといて。。。

 

 

 

アザゼルは言いたい。

新社長にひざ詰め談判で、小1時間、問い詰めたい。

  

 

観戦チケット代金

 ハッキリ申し上げて高過ぎでしょ!

 

ここ数年の値上げのやり方

 ハッキリ申し上げて異常でしょ!

 

 

こんなんじゃ

 はじめてプロレスを生観戦したい層を排除することになるんじゃなくて?

こんなことを繰り返していると

 プロレスのファン層を拡大が、いずれ頭打ちになることは自明では?

だってネットやTVで観るのと

 ライブで体感するのは全く別次元のものなのよ。

 

 

なんとかしてください

  新社長!!!