xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

引退した豊田真奈美さん レスラー時代の後遺症が悪化し、歩くこともままならず、現在は無職で貯金を切り崩す日々・・・ ~豊田真奈美さんのファンだった独身男性諸氏! 豊田さんに「貴方を生涯支えたい」と申し込むチャンスだよ!~

 

 

 引退後の生活は一変。

体を酷使したことによるプロレス後遺症に苦しみ、体調が悪く歩くのもままならないという。

週4日、整形外科へ通院。

骨折して6本のボルトが入ったままの肩は思うように上がらず、靱帯(じんたい)が切れたままの膝もグラグラな状態だという。

 

 

コレって・・・

要介護の状態なんじゃ・・・

 

 

さぞお辛いことでしょう。

日常生活がままならないなんて・・・

 

 

現在は、居酒屋さんを経営することを目指して頑張っているんですって。

 

 

 

なれば・・・

 

 

 

豊田さんのファンだった独身男性諸氏。

 

今がチャンスじゃん!

 

 

 

「もう充分に闘ってきたじゃないですか。

 これからは、僕に貴方を支えさせてください。」

 

 

 

「まともに歩くこともできないのに

 ここで無理したら、本当にあるけなくなるぞ。

 レスラー時代、無理をすればケガの直りが

 ドンドン遅くなることは嫌というほど分かっているでしょう。

 今は、自分の治療に専念してください。

 貴方の治療費と生活費ぐらい、僕がなんとでもします。」

 

 

 

言っちゃいなさいよ。

「困ったときに支える者こそ、真の友」

という言葉があるぐらいなんだから。

 

 

 

男と女の間には、友情はない。

あるのは愛情だけ。

 

 

 

だからこそ、天壌無窮のを叫ぶんだ!

恥ずかしがるんじゃない。

気持ち悪がられるかもなんて、恐れるんじゃない!

自分という存在を賭けて戦うんだ

運命の糸を手繰り寄せるために。

 

 

支え合うから「人」

かけがえのない存在だからこそ「夫」

 

 

愛の形はさまざまよ。

最初はおカネがらみでもイイじゃない。

 

 

 

も。。。

 

 

 

そもそも、記事の内容は本当なのかしら?

そういうときは、ご本人の呟きを確認するのが一番。

 

 

 

 

 

あれ。。。

引退後の生活をエンジョイしておられますぞ。

 

 

 

 

 

えっ!?

歩けないとかかかれていたのに大型バイク、しかもハーレーダビットソンでツーリング???

 

 

 

 

 

ポジティブ・・・じゃないですか!?

無気力とか・・・あの記事、なんですか???

 

 

 

 

 

あれ?・・・

悲壮感なんて皆無なんですけど・・・

 

 

 

 

 

わぉ!

いきなりフェイク番宣の予感!

 

 

 

 

 

おいおい・・・

またTV・・・

テキトーに編集してフェイク垂れ流しですか?

 

 

 

 

 

やっぱり、フェイクでしたぁ~

これだからTVって信用できないんですよねぇ~

 

 

 

いうわけで。。。

 

 

 

豊田真奈美さんの独身男性諸氏・・・

誠に申し訳ござらん。

 

諦めてくだされぇ~