xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

就職戦線異状アリ : 来年入社の新卒採用者の内定辞退率、ついに6割を超える!? ~スンゴイ「売り手市場」に突入の模様~

 

調査は、2018年春に卒業予定の大学生を対象に実施。

10月2日から6日にかけて、同社の就職情報サイト「リクナビ」の利用している大学生計1529人から回答を得た。

就職活動で企業から内定をもらった学生のうち、1社でも内定を辞退した割合を示す「内定辞退率」を調べた。

内定辞退率は10月1日時点で64.6%で、同社が集計した過去6年間で最も高かった。

過去の同時期と比べると、2017年卒より3.8ポイント、16年卒より1.9ポイントそれぞれ増えている。

内定辞退率は、不況で採用が減ると下がる。

一方で、景気が回復すると求人が増えるため、上昇する傾向がある。

学生の売り手市場で就職先の選択肢が広がる一方で、中小企業など新卒確保が厳しくなっている模様だ。

 

 

景気循環の波の影響によって

 

天国」と「地獄

 

に分かれる就職戦線

 

 

生まれる時期が数年違えば、

見えてくる風景は大きく異なる

 

 

いくら転職が多くなったとはいえ、

日本では新卒採用のときが最も大切

 

 

2020年以降は「オリンピック景気」も終わる

また「どん底」の時代が到来するのかもしれません

 

 

 

もっとも。。。

 

 

 

「イイ会社に就職すれば、一生安泰」

なんてことは、現在の10代・20代には無縁の世界

 

 

まぁ・・・

日本(ひのもと)開闢以来、いつだって

 

 『諸行無常

 

だったんですけど・・・ね

 (;^_^A