xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

全日本プロレス : ヨシタツさんの三冠挑戦に「箔を付けた」秋山社長の執念 ~11.5名古屋大会でヨシタツさんのために自ら「寝る」~

死海」もビックリの塩分濃度を誇る

 

我らがヨシタツさん

 

 

そんなヨシタツさんを、伝統ある三冠ベルトに挑戦させるという

 

「英断」という名の「暴挙」

 

を敢行した秋山社長兼選手。

 

流石にこのままでは、おそろしく軽いタイトル・マッチになると懸念したのでしょう。

秋山さんは、こんなことを言い始めたんです。

 

 

「オイオイ・・・

 ヨシタツさんを三冠ベルトに挑戦させる

 と決めたのは貴方じゃん!」

 

という至極真っ当なツッコミは野暮というものです。

コレがプロレスのイカガワしさであり、面白さなんですもの。

 

 

 

っとも。。。

 

 

 

東スポWebの記事にある

 

確かにヨシタツ

WWEや新日本プロレスでは

実績を残してきた

 

という箇所。

恐ろしいほどに「ツッコミどころ」が満載過ぎて

ドコから突っ込めば良いのやら・・・

皆目見当が付きませんけれど・・・

 

 (;^_^A

 

 

まぁ・・・

敢えて申し上げれば、

たったお一人でリング上の塩分濃度を

 

映画「マッドマックス 怒りのデスロード

 

級にまで引き上げてくれたおかげで

館内の観客どころか

ネットでの視聴者まで溺死寸前にまで追い込んだ功績(戦犯)を考えれば、

 

確かに稀有の存在だった

 

とは申せますが・・・

 

 (´・ω・`)ショボーン

 

 

 

で。。。

 

 

 

流石に秋山さんも、

「このままじゃ・・・

 マズイかも・・・」

と思い直して、自ら『人身御供』となる道を選択。

 

 

なんと、あの、あの、あのヨシタツさんを『箔付け』するために

自ら「寝る」(負け)というシナリオを用意。

あの、あの、あのヨシタツさんに

フォール負け

 だとか

タップして負け

 だとか

自分で絵図を描いたんですよ、秋山さんは。

 

 

旧帝国軍人さながらの

 

 玉砕精神

 

の気高さに、アザゼルは思わず靖国神社に参拝しちゃいそうになりましたぞ。

 

 

 

 

あー

そこの貴方

名古屋という大都市で

「観客動員数511名」

なんて・・・m9(^Д^)プギャー

とか言わないの。

 

 

新日本プロレスぐらいなのよ、

どこの地方に行っても、それなりに格好の付く観客を同心できる日本のプロレス団体は。

 

 

むしろ・・・

括目して見るべきは、名古屋という舞台で

秋山さんは・・・

観客が醒めまくっていたタイトル・マッチへの興味を取り戻すべく

自ら

ヨシタツなんかに捻られた』

という汚名を被ったんです。

 

 

秋山さん・・・

貴方ってヒトは・・・

まさに、現代の特攻隊員・・・

 

 

 

 

こうなったら・・・

三冠戦、観てやろうじゃないのっ!!

 

 

なんていうか・・・

腐れ縁みたいなモノね。

「アンタ一人で死なせはしないわよ」

って感じ。

 

 

結果は、フツーに考えてジョーさんの勝利なんですが・・・

草葉の陰から、ソット・・・

ヨシタツさんの勝利をお祈りすることにいたします。