xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

今宵の詩 : Chopin Etude no. 3 in E major, Op. 10 no. 3

別れをば 山の桜に まかせてむ 留とめむ留めじは 花のまにまに (幽仙)

おやすみなさい 良い夢を・・・

いとせめて 恋しき時は むばたまの 夜の衣を 返してぞ着る (小野小町『古今集』)

今宵の映像 : NASA Hubble’s 28th Anniversary video 

www.nasa.gov おやすみなさいませ 良い夢を・・・

今宵の音楽 : Audioslave - Like a Stone

www.youtube.com けだるい午後に フリーウェイ脇の 虚しさだけが残る この部屋で 死の匂いに満たされた 本の中を彷徨っていた いつだって俺達は 孤独に死んでいく それしかないんだ もし俺が善人だったら 安らかな永遠の眠りに つけるのかもしれないが 望む…

神話の世界 : 古いものほど、実は新しい ~当初の説話とは似ても似つかぬ、創作の世界・・・の巻~

「古いものほど新しい」 陳舜臣さんによる 「加上説」に関する有名なお言葉。 史学における説話 国家形成の過程で、より古い時代に説話の起源を求め、徐々に、しかし継続して様々な話が加えられていき、意図的に複雑さを増していくものである、というのが加…

レコードを聴きませう! 「カリフォルニアの青い空」 ~絶望を歌い上げるときは、愉しく晴れやかな歌声で・・・の巻~

www.youtube.com 勢いだけで西海岸行きの旅客機に飛び乗ったんだ 具体的なプランがあったわけじゃない それどころか、現地で何をするのかすら考えちゃいなかった 良さげな話に飛びついたってわけさ テレビとか映画なんかで簡単に成功できるって耳にしたから …

映画 : コレまで観てきた中で強く印象に残った作品 ~アザゼルの傾向と対策(笑)の巻~

ココで上げた作品はすべてBDもしくはDVDを所有しています。 思いつくまま、順不同で。 『ベニスに死す』 アンドレセン様を鑑賞するだけでも十分 『グラインドハウス』 この発想は大好き!! 『メメント』 低予算でもこれだけのシャシンが撮れるってことです…

いわゆる「仮想通貨交換業者」は、金商法に規定する「取引所」などでは決してない ~レベルに雲泥の差があるにも関わらず、報道機関の記事が一般投資家に誤解を与えているのではないか?の巻~

ずっと気になっているんですが・・・ 現時点において「仮想通貨」の交換業を規制している主たる法律は資金決済法。 記事にあるような業者は、あくまで交換業者であり、金融商品取引法に規定されている金融商品取引所などでは決してございません。 そろそろ「…

Soul Love ー David Bowie

跪く女の瞳の先にあるものは 己の信じるものに命を捧げた 勇敢なる息子の名が刻まれた墓標 その瞳には 宙に舞う 閉ざされた愛の形が 映し出されているんだろう 男と女から、一つの愛の形が生まれる 彼らにだけしか分かち合えない愛の形 彼らの口から新たに紡…

今宵の音楽 : Aura Cleansing Sleep Meditation: 7 Chakras cleansing meditation music, sleep meditation

おやすみなさい。 良い夢を・・・

「無言館」(戦没藝大生の絵画集)を読む ~絵画とは、言葉ではない、もう一つの表現の巻~

日本美術界に新風を吹き込まんと、高い使命をもって画家を目指し、わが国最高峰の「東京美術学校」(後の東京藝術大学)に入学した彼ら。 彼らは、何故に志半ばにして死なねばならなかったのか・・・ この書は、戦没した藝大生の紛れもなきレクイエム。 それ…

映画 : 夏の夜のタルコフスキー 〜さぁて池袋に出陣しようかなぁの巻〜

7/14(土) 世界の映画作家Vol. 201 夏の夜のタルコフスキー 惑星ソラリス、鏡、ノスタルジア・・・ タルコフスキーがお好きな方には、堪らないラインアップ。 アザゼル、夜に弱い(すぐ寝ちゃうんです)けれど、頑張ってみようかしら・・・ おっと、映画館で…

今宵の音楽 : 悲しくてやりきれない 

今日も1日お疲れさま。 今宵の音楽は、こちらでございます。 おやすみなさいませ・・・

宇宙 : 人類に残された未知の領域 ~でも・・・私たちの知り得る領域は、ほんの少しだけなのかもしれないの巻~

ある人曰く 「かつてないほどに貧困の問題が取りざたされている日本で 呑気に空ばかり眺めている研究に貴重な国費を投入するのは 果たして正しい判断なのか、今一度考えてみるべきではないか。」 アザゼル、密かに心の中で思った 『腹を空かせて街中をウロつ…

非二元(ノンデュアリティ) : 思考する私は実在するのか? ~実在性を超越したところにこそ、「本当の私」がいるのかもしれませんの巻~

『我思う 故に我あり』 (コギト・エルゴ・スム) デカルトが「方法序説」に記した、この命題。 実は多くの方が、特に疑問を抱くことなく「真である」と解釈しているのではないかしら? 「そんなもん、フッサールもガッツリ批判してんじゃん!」 と脳裏に秒…

キリスト者の言葉 : 悪しきことを思い出すことは忌むべき行為である ~傷つけた者への憤りが、自身を心の地下牢へと閉じ込めるの巻~

悪かったことを思い出す行為は・・・ 自身の心のうちに怒りを抱き続けること そして「罪」を自身の中に保持し続けること 勝手に正義の尺度を変えてしまい 自己正当化ばかりに終始させるだけ 悪しき思いは諸徳の滅びであり、 自身の精神を容赦なく蝕む虫でも…

資本主義に関する雑感 

資本主義は、商業が発達しているから成立するものではありません。 ・封建的共同体が解体されること ・市民社会が形成されること このような歴史的切断が行われるから、資本主義は成立するんです。 一方、資本主義社会を構成するものは、資本主義的性格を有…

聖人 故・クリシュナムルティの不倫から考える「下半身」論 ~世界的な聖人ですら「股間」だけは制御不能の巻~

故・ジッドゥ・クリシュナムルティさん。 欧州や米国ではスピチュアル系を中心にかなりの知名度を誇っています。 没後30年を経過した現在でも、その影響力はかなりのものだとか。 彼の主張は、上記の動画(30分)をお読みいただければ、彼の根本思想は把握…

マンガ「昭和天皇物語」を読む ~我が国における漫画文化の最高峰の一つとなり得る快作の巻~

勧められて購入。 早速購読。 日本の漫画文化について、それが表層的なものではないこと。 その深遠さは、アザゼル如きものの浅学者の及ぶところにはないこと。 本心より思い知らされた気がいたします。 お子様にお与えいただきましても、ご安心いただける内…

神殺しの時代の救いとは? ~もう物理空間に神は存在しないコトは証明されてしまったの巻~

※ 旧約聖書における天地創造する「唯一神」のイメージ アルゼンチン出身の数学者 グレゴリー・チャイティンさんが、1980年代に「ゲーデルの不完全性定理」の大幅な拡張(証明)に成功。 非常に乱暴に言ってしまえば、宇宙全体を含む物理空間において、完…

マンガ : 「ピンポン」(松本大洋)を読む ~映画が最低レベルの出来だったので避けてきたけど・・・原作のマンガは最高でしたの巻~

えっと・・・ マンガは基本的に読まない主義だったんですが チット最近は読んでるんです。 でね・・・ 映画「ピンポン」の出来が最低クラスだったので 原作を読むことなど考えもしていませんでした。 ※レンタルも不要です。 観るだけ時間の無駄です。 しかも…

日本でベーシック・インカムが絶対に導入できない理由 ~65歳以上の老齢者がベーシック・インカムの導入なんか粉砕するに決まってんじゃん!の巻~

この記事でもベーシック・インカムの効果検証が(おそらく都合の良い部分を繋ぎ合わせて)書かれていますよね。 確かに、ベーシック・インカムの効用は大きなものがある。 このベーシック・インカムに期待を寄せるリベラル派・保守派の特に若年層は少なくな…

ジャン・ジュネ「泥棒日記」を読み返す ~大島渚監督の映画「新宿泥棒日記」を観ていたら、何故だか無性に読みたくなったの巻~

斯様な場末のブログに訪問される数寄者の皆様 「ジャン・ジュネ」 というお名前をご存知かしら? ちなみに「泥棒日記」で検索して・・・ 間違えて、こちらを買わないようにね・・・ それでも買っちゃうアホなヒト 剛毅な方。 アザゼルが頭をナデナデしてあげ…

讃歌 ~さぁ恋をしませう、何度でも~

楽園に咲き誇る薔薇の芳香 信じ難きほどに我を満たす たゆとうユーフラテス川の岸辺にて アダムは水の冷たさをその身で知る 悪ふざけ好きのゼウス 魚が水面を飛び跳ねる アグリゲェントゥムの男は想起す かつては、その魚であったことを アルタミラと名付け…

非二元(ノン・デュアリティ)についての覚書(その1) ~「科学の領域」の外にこそ、本当の幸せが潜んでいるのかもしれないの巻~

Have You Experienced Non Duality ? - HistoryDisclosure.com 「非二元」 ノン・デュアリティと英語(non duality)の読みで書かれている場合もあります。 この言葉、ネットで検索すれば、いろいろな解釈が書かれています。 でも注意してください。 言葉は…

映画「ストレンジャー・ザン・パラダイス」を観る ~人生は不可解なものであり、喜劇でもあるの巻~

30年以上も昔の映画。 アザゼルが生まれるズッと昔の映画。 DVDで観た理由は2つ。 古書店で信じられないぐらい安い値段で売られていたこと。 そして、如何にもアウトサイダーっぽい男女が登場人物だったこと。 あらすじは・・・ こんな感じ。 ジャームッシ…

ギターの名門ギブソン社(米国)、米国連邦破産法チャプター11の適用を申請 ~もうギターを弾くのがカッコイイなんて時代は過去のものになってしまったの巻~

ご周知のとおり、チャプター11の適用申請そのものは 会社清算を意味するものではありません。 しかし。。。 ギブソン社の今後については・・・ あくまで個人的な見解にしか過ぎませんが 「暗澹たるもの」 という以外の言葉が出てまいりません。 その理由は…

映画「ダウン・バイ・ロー」を観る ~倦怠、破局、不合理、裏切り、絶望・・・その果てに見つけた出会い、信頼、友情、愛情、別離~

知る人ぞ知る 言い換えれば ほとんど誰も 知らない映画 それが 「自主製作映画」 自主製作映画の場合 映画会社だとか制作委員会だとか そんな資金的な後ろ盾となるものがありません。 もちろん 個人的に資金を提供してくれる方もいらっしゃいますが 映画会社…

死せる魂 ~「生」は滅びの悲しみ、「死」は再生の喜び~

ナメクジたちが這い回わった跡が延々と続く大地 月明かりの中、私は、深い深い墓穴を掘り続ける 自分が掘り進めた墓の奥底で、私は安堵するのだ 安らぎという波にたゆとう白鮫の如く、私は眠る 天から降り注ぐ福音も、地から噴き出す呪怨すら 生きながらに死…

映画「メッセージ」を今いちど観て分かったこと ~幸せになるための道を探す・・・そんな打算に満ちたモノに心の救済は訪れない~

『これからどうなるのかを知った それが何をもたらすのかも だけど、それを受け入れる その全てを喜んで迎い入れる』 もう過去の映画です。 ただ、私には忘れ得ぬ映画でもあります。 むしろ 「この映画、何が言いたいのか、よく分からんぞ・・・」 という向…