xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : うわぁ!? プオタの呟きが「イーヴォ―」だらけで祭り状態の件 ~確かに・・・あの大阪の夜は・・・素晴らしかったよ!なべにゃん~

 

 

(メイン終了後

 マイクと合わせて合唱するときのために

 敢えて日本語で書きます)

 

 

ディ~ス・イズ・イ~ヴォ!

 

エェ~ヴェシン・イズ・イ~ヴォ!!

 

 

すべては・・・

 

      イ~ヴォだ

 

 

 

  

この決め台詞は、英語で書いたんじゃ、アクセントの置き場所や面白みが全然伝わってきません。

カタカナ、あるいは、ひらがなで表記しなければ・・・

 

 

それにしても・・

なべにゃん、ほんとに美声ですよね。

声質が良く、決めぜリフを持っているレスラーって、いろんな意味で強い!!

 

 

こういう細かなところが、プロレスではスッゴク大切。

メインの〆には、お客様にカタルシスを与えるという、

非日常系エンタメであるプロレスにとって「生命線」とも呼ぶべき使命を帯びているんですもの。

 

 

こういう点は・・・

ロスインゴのリーダーである内藤さんから、良い意味で「盗んだ」のかもしれません。

だとしたら、彼が凱旋帰国後、ロスインゴに加入したのは大正解だったといえるのでは?

(内藤さんは、後輩を育てるのが上手いことに定評がありますし)

 

 

事実、プオタさんの呟き・・・

 

 「イ~ヴォ!!」

 

だらけで、もう祭り状態になっているし。

 

 (o^―^o)ニコ

 

(呟きの表記は「EVIL」ですが・・・)

 

 

もう、なべにゃんたら、無垢の人間を何人

 

 ダァ~クネス・ワァ~ルド

 

へと引きずり込めば気が済むのでしょう!?

 

 

 

 

おかげでTシャツもバカ売れの模様。

一気にスターダムに昇ってきた感じがします。

 

 

 

 

そもそも・・・

「怪奇系キャラ」なのに、大箱興業のメインのマイクを〆るなんて・・・

少し前までは想像もできませんでしたぞ。

 

 

もしかすると・・

WWEのドレッシング・ルームの大ボス

 

ジ・アァ~ンダァ~テカァ~

 

さんを超えたんじゃないかしら(ウソ)

 

 

でも・・・

それぐらいに珍しいコトではありませんか?

 

「怪奇系」と称される

  キャラクター・レスラーが、

    大箱興業のメインで勝利して

      大観衆が狂喜するなんて・・・

 

   (*´▽`*)ワーイ

 

 

 

そうそう。。。

 

 

 

昔のなべにゃんの味わい深い映像と申さば・・・

やはりコレをおいてはございますまい・・・

 

 

 

 

この垢抜けていない、如何にも田舎のお兄ちゃんっぽいところが・・・

堪りませぬ(笑)

もちろん、タナ様の演技も・・・いえ、何も申しませぬ。

(あのウィンクに、思わずひっくり返りそうになったのは・・・秘密です)

 

 

 

 

覚えていらっしゃいますか?

ヤングライオン時代、鈴木みのるさんの入場時に、いっつも蹴られてブッ飛ばされていた・・・あの、なべにゃんの姿を・・・

 

 

それが今では、リアルでも仲の良いことで知られているヒロムさんもイ~ヴォさんも

こんなにも垢抜けちゃって・・・

 

 

 

 

もうね・・・

子供がスクスクと育っていく様を、優しい眼差しで見つめているお母さんみたいになっちゃいますよねぇ~

 

 

 

 

良い顔してるじゃないですか、なべにゃん。

「男」の顔になってきたようにも思えます。

 

 

 

もっとも。。。

 

 

 

凱旋帰国当初・・・

アザゼルは、なべにゃんの怪奇系キャラへの変身には否定的だったんです。

 

「あんなの

 大衆受けするわけないじゃん!」

 

そう思っていたから。

でも・・・アザゼルの予想は、良い意味で完全に裏切られました。

 

 

なべにゃんは、与えられたキャラクターを、もう一人の自分へと見事に昇華せしめた・・・

コレは素直にシャッポを脱ぐ他はございません。

 

    m(_ _)m

 

 

 

でも。。。

 

 

 

まだ「G1」は終わったわけではありません。

これからが、ホントの意味での正念場!!

 

『見せてもらおうか

   イ~ヴォの真の実力とやらを』                                                              

 

アザゼルは、ガンダムを1㎜も存じません。

 ガンダムファンのみなさま、お許しくださいませ・・・

新日本プロレス : 「G1」というドラマのクライマックスは、やっぱり大阪だった! ~イーヴォーさんが「超人オカダ」さんをブッ潰し、業界の「顔」になった日~

 

 

 

 

 

 

 

イーヴォーさんが・・・

プレミアムさんが・・・

 

渡辺さんが・・・

なべにゃんが・・・

 

新日本プロレスに入門してから7年と半年。

とうとう、ココまで来たんですね。

 

少し前までは、こんなもんだったのに・・・

 


 

新人時代のヒロムさんとなべにゃんが一緒に出た

 「真夜中のハリー&レイス」

(ラジオ日本/パーソナリティ:清野茂樹さん)

で、当時のなべにゃんは仰った。

 

 

新日本プロレスの生え抜きを

 他団体のレスラーと比較して欲しくない」

 

 

とうとう、その言葉がウソではなかったことを、自らの力で証明してみせたのね。

ホントに素晴らしいこと。

 

 

どんなタイプのレスラーとやっても、必ずといって良いほど「名勝負」に仕立て上げる技量を身につけ、イーヴォーというプレミアムなキャラクターを確立せしめたからこそ、超人オカダさんを寝かせるということをプオタに納得させた。

コレはすなわち、彼の力そのもの。

 

 

プロレスに、いわゆる「ケツ決め」(あらかじめ勝敗を決めておくこと)があることは周知の事実。

それでも、百戦錬磨のプオタを納得も得心もさせられるだけのモノを持っていなければ、誰も応援しちゃくれませんもの。

 

 

なべにゃん、おめでとう!!

 

 

 

そして。。。

 

 

 

今年の「G1」決勝は

 

内藤さん vs. イーヴォーさん

 

のロスインゴ対決でお願いします。

 

 

もう、アザゼル・・・

泣いちゃうな、きっと・・・

IGF : ゴシップまみれ マジでドーしようもないネタばかり・・・ ~興行は事実上のストップで、鈴川選手をdisる程度のことしかできない模様~



 

あのね。。。

 

 

どっちが正しいとか・・・

もうどーでもイイです・・・

 

 

結局、おカネの問題でしょ、今回も!!

 

 

クダラナイ

まったくもってクダラナイ

 

 

ゴシップしか出てこないのは、かつてのノア並み

闘いでみせられないからって、ゴシップで勝負してド~すんでしょう

 

 

で・・・

 

 

こんなのも「プロレス」に分類されちゃうのね・・・

 

 (´・ω・`)ショボーン

 

 

 

 

 

 

 

 

【悲報】 かつて「プロレス界の帝王」とまで呼ばれた高山善廣さん 首から下が麻痺状態で回復の兆しみえずとの報道 ~緊急搬送後、手術するも・・・~


 

またしても「文春砲」炸裂っ!!

 

 

高山さんは5月4日、DDTの大阪・豊中大会で回転エビ固めを失敗。

頭からマットに突き刺さる「自爆」を引き起こし、頸椎を損傷。

 

 

病院に緊急搬送された後、手術を受けたんですが・・・

今もって回復の兆しが全く見えない状況なのだとか・・・

 

 

ちなみに、当時の状況は、こちらの記事をご覧くだ

さい。

 

 

高山善廣 救急搬送の際にDDT高木社長に「ごめんね」

東スポwebより)

 

 

文春の記事を読む限り・・・

自力で食事も排泄もできない状況とのことですので、

非常に厳しい状況にあることは疑う余地はありません・・・ 

 

 

しかも。。。

 

 

 

あくまで「フリー」という立場であるため、高額な治療費を自己負担せざるを得ない模様です。

コレはもう、経済的にとても洒落にならない状況にあることも容易に想定できます。

 

 

 

でもね。。。

 

 

 

高山さんは、すでに50歳。

レスラーとして現役を続行すること自体が無理な年齢。

 

 

それどころか、最近の動きをみれば、プオタなら誰でも

 「明らかにオカシイ」

ことぐらい分かる状態にあったわけですから・・・

今回の事態は、むしろ容易に予想できたはず。

 

 

「だったら引退すれば良かったじゃないか!」

 

 

そう考えるのが普通なのでしょうが・・・

高山さんに限らず、経済的な問題がレスラーを「引退」の二文字から遠ざけてしまうのは、プオタなら知らないはずがございませんよね。

 

 

高山さんの場合、奥様が大反対したのを押し切って、焼鳥屋さんを開業したものの、残念ながら運は味方してくれませんでした。

引退後の生活を考えた末の行動だったわけですが、その結果が更に引退できない状況に追いやることになったのは、余りにも過酷な皮肉。

 

 

長州力さんが未だにリングに上がるのも経済的な問題が理由ですし、先ごろ、やっと引退した天龍さんの場合も理由は同じ。

天竜さんなんか、最後の方は・・・まともに動くこともままならない状態でもリングに上がっていたのは、痛々し過ぎて観ていられませんでしたぞ。

 

宇宙 : すべての「存在」とつながる宇宙意識(源となる意識)は存在するか? ~宇宙は、私たち人間と同じような内面を持ち合わせているのかもしれない、という科学的見地からの提言~


 

こんにちは~

 

オカルト、スピチュアル大好き系、アザゼルです。

 みなさん、ちゃんと毎日、「オカルト」してますか?

 

ついでに・・・

 

「みなさん、最高ですかぁー!!」

  

        (以下、いろんな意味で自粛)

 

 

 

さてさて。。。

 

 

 

今回取り上げさせていただいたのは、

NBSニュース

 

Is the Universe Conscious?

 

でござるぅ~

 

もうね、アザゼルからすると・・・

このタイトルを読んだだけで

 

「オラ、ワクワクすっぞ!」

 (某モノマネ番組を観ていて気に入りました、このフレーズ)

 

要するに宇宙のあり様について

「宇宙原理」の立場をとるのか?

 それとも

人間原理」の立場をとるのか?

という問題。

 

「宇宙原理」の立場に立てば、(別に人間に限った問題ではないのですが)だれしもが、宇宙意識とも呼ぶべき、すべての源となる「一つの意識」とつながっており、その影響の下で日々の生活をおくっている・・・

ということになります。

 

何となく・・・

 

「一つの指輪」の影響下にある「複数の指輪」・・・

そう、指輪物語、映画名で申し上げれば「ロード オブ リングス」っぽいでしょ。

 

 

 

一方。。。 

 

 

 

人間原理」の立場に立てば、宇宙が宇宙として存在できるのは、観察者たる「人間」の存在があればこそ。

意識という観点において、人間は宇宙に劣後するような存在ではなくなります。

言い換えれば、全存在とつながる宇宙意識を否定することが前提。

 

 

 

でね。。。

 

 

 

宇宙意識の存在を受け入れる立場をとると、半ば必然的に

 「神の存在を認める」

ことになります。

そして、この立場をとったとしても、如何なる物理法則や宇宙論とも矛盾することはありません。

むしろ、ビッグバン理論に至っては、宇宙意識があればこそ発生したと説明することすら可能です。

 

これまでの宗教的立場では、現代科学的見地、例えば物理学との整合性がつかず、苦しい説明を余儀なくされてきました。

おかげでトンデモ理論が噴出することになるのですが、「宇宙原理」主義的な立場をとれば、現代科学との共存は矛盾なく可能です。

 

宇宙意識の存在を実証することなど、おそらく永遠に不可能。

しかし、その反証を示すこともまた、おそらく永遠に不可能。

 

「宇宙原理」の考え方の優れている点は、現代科学を一切否定することなく、「神」の存在を説明できること。

宗教と異なり、唯一神YHVH、神の子イエス、最後の預言者ムハンマドらが示したような「神の奇跡」など、一切みせる必要など微塵もありません。

なぜなら、「宇宙」という存在そのものが、宇宙意識の現れであり、物理法則ですら、その意識下でのみ存在し得るから。

 

宗教的な「神の奇跡」など、まったくの絵空事であり、宇宙意識に反するもの。

じゃあ、

「なぜ人間は宗教を生み出し、信じているのか?」

という問いに対しても、宇宙意識は

「人間に虚構を信じる力、すなわち、想像力を与えたもうた」

とも説明できるので、矛盾は生じません。

 

そして、意識は意志を生み出します。

現代物理の知識では説明できない現象すらも、意志の力として説明できてしまう・・・

もちろん、実証など不可能ですが・・・

(クドイですが、反証も困難ですけれど・・・)

 

マルチバースすら簡単に説明できてしまうのって、凄くないですか?

この考え方を発展させると、ホログラフィック宇宙論も簡単に出来上がり。

 

この宇宙自体が、物理的実体ではなく、仮想空間に創出された バーチャルなものでしかない。

アザゼルも貴方も、唯のホログラム。

宇宙意識であるプレイヤーがリセットボタンを押せば、その瞬間に消える、泡のようなもの・・・

 

 

 

じゃあ。。。

 

 

 

この宇宙意識を応用した宗教を創り上げればイイんじゃね?

そう想った貴方、鋭い

 

 (* ´艸`)クスクス

 

でも、もうあるんです、そんな宗教。

この宇宙意識とつながる方法だのなんだのって・・・

スピチュアルの世界では、今でも花盛り状態。

 

っていうか・・・

『宇宙意識、無双』

みたいな状態。

だって、現代科学をもってしても反証を示すことが不可能なので、既存宗教のような苦しい説明が不要な分、いろんな「尊師」が世界中で乱立しちゃっています。

 

 


 

えっ!?

不謹慎ですか?

そうですか・・・

 

じゃあ、こんなのなら・・・

ドーかしら?

 

 


 

もう止めます・・・

 

 

 

 

で。。。

 

 

 

この考え方の根本的な問題って、

何だと思いますか?

 

答えは簡単。

 

「意識とは何か?」

 という問いに対して

 何らの回答もできないこと。 

  

定義も出来ない「意識」云々をどうコネくり回しても、明確な回答を得ることなど不可能。

もっと言えば、議論するだけ時間のムダ。

 

 

気を付けなければならないのは、

簡単に結論を導き出せるような考え方は、

そのほとんどが危険であり有害ですらある

こと。

 

 

それが理解できていないと・・・

 例えば、政治の世界でも、思考停止状態に陥り、

 「進め!

 1億、火の玉だ!」

てな具合になっちゃうわけでございます。

 

 

ここら辺を、チャンと理解しておいたうえで、

 

オカルト大好き!

 

スピチュアル大好き!

 

と遊ぶのが吉・・・

ではないかと思ったりするのでござる。