xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

Apple : iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X 正式発表! ~CPUは6コアの「A11」を搭載し、処理能力70%向上。ワイヤレス充電など新機能満載~  

http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1709/13/kf_iphone_00.jpg

 

 

 

 

 

ーク合戦が続いた「シンiPhoneの話題

 

とうとう正式に発表されました。

 

やはりリークどおり、あらゆる意味で歴代最高とAppleが謳う

 

 iPhone X(テン)

 

も登場し、しばらくはApple祭が続きそう。

 

 

iPhone X

 

CPUには最新の「A11」チップを採用
 (iPhone 7との比較で処理性能70%・グラフィックス性能25%向上)

 

5.8インチの有機ELディスプレイ

 (2436×1125ピクセル 458ppi

 

これまでのホームボタンを廃止

 (画面上に表示)

 

Touch IDを廃止し、新たに顔認証機能 Face ID を搭載

 

バッテリー長時間化

 (iPhone 7との比較で約2時間長い)

 

ワイヤレス充電対応

 (来年、複数台を同時にワイヤレス充電できる AirPower 発売予定)

 

デュアルレンズカメラ搭載

 (最大10倍のズーム、光学式手ブレ補正機能)

 

10月27日から予約受付開始

 (発売予定:11月3日)

 価格は11万2,800円(税別)から

 

 

ベゼルレス構造で、全画面がディスプレイ。

側面をラウンドさせて手にフィットするようにした新デザイン。

なるほど、持つ者に満足感と優越感を与える「あざとい戦略」

 

  (* ´艸`)クスクス

 

でも、こういうのって重要ですよね。

 

 

 

iPhone 8 Plus / iPhone

 

CPUには最新の「A11」チップを採用
 (iPhone 7との比較で処理性能70%・グラフィックス性能30%向上)


画面に Retina HD ディスプレイ with True Tone を搭載

        iPhone 8    4.7インチ(1334×750ピクセル

     iPhone 8 Plus 5.5インチ(1920×1080ピクセル


ワイヤレス充電対応
 (来年、複数台を同時にワイヤレス充電できる AirPower 発売予定)


デュアルレンズカメラ搭載iPhone 8 Plus のみ)
 (最大10倍のズーム、光学式手ブレ補正機能)

 

スピーカーの拡大により低域の再生能力を強化

 

9月15日から予約受付開始
 (発売予定:9月22日)
 価格は7万8,800円(税別)から

 

 

iPhone 8iPhone 8 Plusは、前面・背面ともガラスで構成なんですって。

これはワイヤレス充電に対応するために採用されたもの。

ただし、「ワイヤレス充電マット」は別売

 

ちなみに、カメラの能力は大幅に向上されており、

・4K/60p、1080/60pでの撮影可能

・1080/120p/240pでのスローモーション撮影可能

・手ブレ補正機能を使ったタイムラプス撮影可能

・4Kビデオの撮影中、800万画素の静止画も撮影可能

とのこと。

 

静止画ではHEIF(High Efficiency Image Format)に対応。

ビデオではHEVCに対応。

ちなみに、FaceTime カメラでも1080pの動画撮影可能。

 

更に・・・

iPhone 8 Plusには「ポートレートモード」も。

さまざまなエフェクトを利用可能。

 

・・・凄くないですか?

もうデジカメなんて、完全に必要なくなるんでしょうね。

 

 

音楽向け再生フォーマットとして、iOS 11でFLACもサポートされるので

もはや死角らしい死角が・・・あるのかしら?

 

 

もっとも、お値段も「向上」しちゃったけれど・・・