xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

DSW(ダイヤモンドスターズレスリング) : まだ 『生きてます・・・以上!』 (;^_^A ジミー鈴木さんが勤務先から退職金を前借して、10月10日 新宿Faceにて興行を打つんですって

ジミー鈴木が退職金を投じて10・10ダイヤモンド・スターズ・レスリング新宿Face大会開催! – 週刊ファイト

 

 

 

えっと。。。

 

 

 

プオタの間で話題に上ってこない

 

DSW(ダイヤモンドスターズレスリング)

 

今では、あの「ジミー鈴木」さんが実質的に取り仕切っているご様子。

 

 

 

ちなみに。。。

 

 

 

DSWって、ウィキペディア(日本語版)にすら掲載されていません。

それどころか、公式FBは今年2月で完全に更新を停止。

公式ウェブサイトに至っては・・・はじめから存在していない模様。

 

 

 

 

こちらは、ジミー鈴木さんご自身による告知の呟きなのですが・・・

リンク先に指定された「週プロ・モバイル」に遷移すると

 

 『指定された記事はございません』

 

というメッセージが表示されるだけ。

 

 

DSWは、いわゆるインディ系プロレスの企画興行。

そもそも団体ではございませんので、悪しからず。

 

 

プオタでも、アングラ系とも称すべき方々でもないと、ご存じないのは致し方ないかも・・・

まぁDSWのことを知っていても、別に称賛されることはありませんし・・・

 

 

無駄な知識なのかもしれませんが・・・

無価値なモノに魅かれてしまうアザゼルにとっては、またとない好物でもあるんです。

 

 

 

さてさて。。。

 

 

 

DSW、少し前は女子プロレス団体であるレイナ・コーポレーションが運営に絡んでいたんです。

でも現在は、もう離れちゃったみたい。

 

 

で・・・

10月10日の興業の全体像を掴むのがなかなか困難だったのですが、今回取り上げさせていただいた週刊ファイトが記事を書いてくれたので、参照させていただきました。

 

 

何て申しましょうか・・・

感想めいた意見でしかないのですが・・・

チケット代が全般的に高いような気がします。

 

 

「タニマチ・パス」なるプレミアム・チケット(?)も、微妙な気が・・・

知らないレスラー、それも外国人レスラーのセコンドについても・・・

 

 

イチバンお金を落としてくれるプオタ層、例えば、プ女子(←自分で言っちゃうアザゼルでした)とかで人気のある選手がいらしゃらないのは、興行上、ドーなんでしょうね。

オンナ・コドモは相手にしちゃいねーよ!ってコトなのかしら・・・

 

 

 

もちろん。。。

 

 

 

DSWの初回興行に参加した方は、かなり満足度が高かったらしいとお聞きしたことがございます。

ジミー鈴木さん、意外な「隠し玉」をご準備なさっているのかもしれませんね。