xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

WWE : マクマホンさんは、ドーして中邑真輔さんをかくも優遇するのかしら? ~4大大会のメインでWWE王座に挑戦まで・・・その好待遇の理由は~


 

わざわざサーフィンが趣味で、海では一人になれる・・・なんて凄くセンチメンタルなプライベートフィルムまで公式動画に上げる。

ココまで露骨なプッシュをする理由って何なんでしょう。

 

 

別に美形でもないし、マッチョでもない。

コメントにもあるように英語がお上手とも思えない。

 

 

それなのに・・・

WWEが誇る4大大会の1つ、「サマースラム」のメインイベントに抜擢し、WWE王座に挑戦させるほどの、まさに「超」の付くほどの好待遇。

未だにWWEスーパースターだったことを鼻にかけるヨシタツさんなんか、サマスラどころか、毎週のTVマッチにすらほとんど出してもらえなかったのに・・・

 

 

 

もっとも。。。

 

 

 

現在のSD(スマックダウン)の視聴率は「好調」と呼べるような数値までは取れていないわけですし、現チャンピオンには「インド人」(というよりムスリム)ギミックのジンダーマハル(本名:ユブラジ・シン・デッシィ)さんを据えるという、かなり冒険的な取り組みを行っていますから、中邑さんがメインに抜擢されたのも、その一環なのかもしれませんね。

 

 

ちなみに・・・

現チャンピオンのジンダー・マハルさんも面白い経歴をお持ちで、国籍はカナダなのですがホントにインド・パンジャブ地方出身ということもあり、ヒールを演じるときにはヒンディ語を喋るギミックをよく使うんです。

かつてNXTのデベロップメント契約(いわゆる最下層契約)をWWEと結び、NXTで活躍(※ヨシタツさんともリングでまみえたことがあるんだとか・・・)したものの、大した芽が出ることもなく、あえなく解雇。

 

 

その後、ムスリム・ギミックが使えるレスラーを探していたWWEの目に留まり、再契約。

役どころは、当然、ヒール。

 

 

彼をWWE王座に就けたことは、非常に冒険的なものといえるでしょうが、視聴率をみる限り、決して下がってはいないわけですから、まあ・・・良かった、ということになるのかもしれません。

こうなると「サマースラム」のメインイベントが、インド人vs.日本人のカレー(有色人)対決となるわけですが、果たして視聴率がどうなるのか・・・みものです。