xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : ファレさんの極悪ヒールっぷりに安心するプオタの心理 ~実はイイヒトのファレさんが、やっと輝けるんだね。。。と涙する親心~

 

 

 

何だろう・・・

この安心感・・・

 

 

『バドラック』だとか『アンダーボス』だとか・・・

なんとか禍々しい雰囲気を作りだそうと頑張ってきたものの・・・

 

 プリンス・デイヴットさん

 AJスタイルズさん

 ケニー・オメガさん

 

華麗な技とプロレス脳をお持ちの面々の影に隠れて、イマイチどころか、イマニ、イマサンのイメージしか受けなかったファレさん。

 

出身地では、恵まれない子供たちをレスラーとして自立できるようにするための道場を設立・運営していることを、地上波の人気テレビ番組で放映されたり、こんな動画に出ちゃったり・・・

 

 


 

当時は、世界的に有名だったレスラー「キング・ハク」さんにあやかって、

「キング・ファレ」

と名乗っていらっしゃったのですが、余りにもイイヒト臭が出過ぎちゃって、コレじゃぁ~いくらヒールだって言われてもぉ~困りまするぅ~

 

ましてや・・・

 

観客のココロを掴むプロレスができない、とズッと指摘されていたまま。

コレで感情移入するとか、反発してって方が無理でしょう。

 

 

 

でも。。。

 

 

 

「高橋ダリル君、虐殺事件」

 

以降、一気にヒール感がぶっ飛び状態で向上しました!

 

おかげで・・・

 

アザゼルをはじめ、プオタの呟きなんかを拝見していても、ファレの極悪ヒールっぷりに安心している方も少なくないんです。

 

やっぱり・・・

 

『ベビーフェイスは誰でもできるが、

 ヒールは10年選手でも難しい』

 

という言葉のとおり、ヒールの場合、どれだけ観客をヒートさせられるのかが勝負なのですから、サイコロジーの使い手であることが求められます。

 

観客や視聴者を、

自分の掌の上で転がせる・・・

 

西遊記のお釈迦様クラスのサイコロジーを使いこなさないと、トップクラスのヒールには成り得ません。

 

今回の「高橋ダリル君 虐殺事件」をキッカケに、

ファレさんには、是非ともトップ・ヒールに駆け上っていただきたいと、

切に願っております。

 

そのためにも、

 

「ダリル君のぬいぐるみ」で

 

毎週、入場時に屠殺ショー!

 

を開催するぐらいのことはして欲しいですよねぇ~

 

 

ネコ・ブームの最中に、

そのネコ(ぬいぐるみだけど・・・)を

虐待するどころか、虐殺しちゃう

それを会場で観客に否応なしに見せつける

 

こういうムーブがあっても、

 「アリ」

だとアザゼルは思いますぞ。

 

米国なら、こういう映像をエンタメとして地上波で放映することはできないはずですので、日本だけの特典かもしれません。

(先進国に限った場合)