xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

アザゼル、「レンタル彼女」始めました ~ウソです。でも、中国では笑っていられない「悲しい男子」の事情があるようです~


 

日本の場合、「レンタル彼女」といえば、風俗の変形版でしかありませんが、

お隣の中国の場合、切実な問題が背景にあるようです。

 

ご興味がおありでしたら、ロイターの記事をどうぞ。

なお、当然のことではございますが、本記事は風俗産業関連の内容ではございません。