xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : もうすぐ50歳・・・鈴木みのるさんの衰えようがハンパ無い件 ~「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」(敦盛)~

縲碁斡譛ィ縺ソ縺ョ繧九阪・逕サ蜒乗、懃エ「邨先棡

 

 

ノアに参戦していらっしゃる当時から、

「昔に比べて仕掛けが1テンポ遅れるコトが多いなぁ~」

と思っていたのですが・・・

 

 

今では新日本名物の「長丁場」(※)の試合では、

ドーしても息が続かないみたい。

 

(※)長丁場の試合は、新日本ではなく、もともとは全日本の発祥

   だとお聞きしたことがあります。

   ただ、四天王プロレスとか・・・存じませんので、

   アザゼルに真偽のほどは分かりません。

 

 

考えてみてば、鈴木さん、もうすぐ50歳にお成りになるんですもの。

息が続かないのも「道理」というものでしょう。

 

 

「鈴木軍」メンバーによる乱入が無いケースでは

老化による衰えは隠し切れるものではありません。

高速パイルドライバーだって、お相手のご協力があってこそ。

 

 

誤解しないでくださいね・・・

 

アザゼルは、みのるさんの

 ・レスラーとしての技量の高さ

 ・プロとしての意識の高さ

について、十分過ぎるほどに認めておりますから。

 

 

ただ、こういうトーナメント形式での出場は・・・

もう制限していくべきだと思います。

 

 

 

いつまでも若さを保つことなんてできない。

 「老いを楽しむ」

なんて言葉、慰めにもなりゃしません。

 

残酷過ぎる・・・

 

何とか逃れたくとも、人の身である以上、贖い続けることなどできない。

老い」という現実は、情け容赦なく、しかも、休むことなく襲ってくる。

 

 

 

おそらくは。。。

 

 

 

みのるさんご自身が、一番よく分かっているのでしょう。

いくら言葉で否定しようとも、自分のココロにはウソは付けませんもの・・・