xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 7.1米国でのIWGPヘビー級王座はコーディさんの頭上に輝く !? ~コーディさん、ROH王座を獲得! ROH、米国内での他団体興行でチャンプの負けブックは飲まない~

ROH Wrestling

Ring Of Honor Championships

WORLD CHAMPION
 
    Cody 
 
 
 
まさか・・・
 
こういう展開に持っていくとは・・
 
読めませんでしたねぇ~
 
 
フゥ~ん
オカダさん
米国で丸腰
になっちゃうってわけですか。
 
 
マザー・カントリーである米国内における他団体興業で、
ROHはチャンプの負けブックは飲みませんもの。
まぁ・・・考えるまでもなく、当たり前のことなんですけれど。
 
 
 
ってことは。。。
 
 
 
「G1」では内藤さんが優勝と読んでいたけれど、
「オカダ」さんが優勝する可能性も出てきたってこと。
 
 
あるいは・・・
「来年にはWWE移籍」が噂されているケニーさんより、
当分はWWE入りが無いと予想されるコーディさんを
来年の東京ドーム大会のメイン・イベントに据えた方が
安心ってことなのかもしれません。
 
 コーディさんは、アメプロファンなら知らない者などいない
  ダスティン・ローデスさんを父に持ち、WWE入り後もエリート扱い。
  人気もソコソコ出たのに、自身に与えられたギミックに超不満。
  自分からWWEに解雇するよう要求するという行動に出ました。
  そういうリアルな軋轢があったので、WWEに直ぐに戻ることはない
  とみられています・・・
 
  ご本人が、ホントに嫌で嫌で仕方が無かったというのが、
  このギミック(スターダスト名義)
 縲係WE stardust縲阪・逕サ蜒乗、懃エ「邨先棡
 
 ・・・やってることも、意味不明なスキットだったし ( ´∀` )
  
 
WWEでは、両親あるいは祖父が有名レスラーだった新人には
 差別的ともいえるほど「特別待遇」を与えることが普通です。
 WWEに限らず、厳しい実力主義の社会ではあっても、意外と
 思えるほど、出自によって進む道が全然違うのが一般的。
 米国という社会を理解するためには、大切かもしれませんね。
 
 
 
あるいは。。。
 
 
 
「G1」は、コレまでの功績を考慮して、あくまで優勝は「内藤さん」
秋のシリーズでオカダさんがコーディさんを破り、IWGPチャンプに復帰?
 
 
でも・・・
それもなぁ・・・
 
 
 
いずれにしましても。。。
 
 
 
今後の新日本の至宝であり、頂点に立つ者の証であるIWGPヘビー級のベルトの行方が混とんとするのは・・・
興業的にも、一人のプオタとしても、面白くなりそう。