xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

IGF : これぞ、リアル・ファイト! 「猪木劇場」の幕は未だ下りず (* ´艸`) ~今度はIGFの現経営陣からの痛烈な反撃! 暗黒ズンドコ時代の新日本の再来かも!?~ 


 

 

最初に、ハッキリと申し上げておきたいことがございます。

 

今回の一連の騒動、WWEのようなアングルまみれのハリボテなどではなく、

 

「ガチ」のバトル

 

これがホントの「リアル・ファイト」

 

であることは、すでにご承知のとおり。

 

 

 

しかし、最大の問題は。。。

 

 

 

IGFって・・・

 

リングでのバトルは最高に面白い

 

リングでのバトルは正直ショボイ!

 

ってことなんです。

 

 

 

IGFで一番面白いのは、

誰でも読める無料コンテンツ

なんですから・・・

IGFが儲かるはずもございませんよねぇ~

 

 

 

なるほど。。。

 

 

 

現経営陣の主張も分かりますし、猪木さんから一方的に公表される情報が正しいなどとも思いませんが・・・

 

猪木さんの方が完全に

 

「プロレス・モード」

 

で、断然面白い!

 

んですもの。

 

 

挙句に・・・

 

今回の騒動も含め、猪木氏自身が把握しないまま、猪木氏を取り巻く周辺の人物が、勝手に猪木氏の名前を利用し行動しているところもあるのではないかと懸念しています。

 

例えば、わずか3桁程度の視聴者数のインターネット番組での発言に対してもそうです。


猪木氏からの「警告書」について、あの世界のアントニオ猪木が、そのような番組に一々反応などしません。

 

またそうあって欲しいと思います。

 

うぅ~ん

正直な感想として、

弱弱しいんじゃないかしら・・・

と思いました。

 

 

むしろ単刀直入に

 

女帝ズッコさんに

タマーキン握られっぱなしの猪木さん

ダッセー!

マジでダッセー!!

信じられないぐらいにダッセー!!! 

 

ぐらいのコトを言って欲しかったです。

 

 

 

真実はドーなのか?

そんなこと、アザゼルが知る由もございません。

という以前に、そもそも知りたいとも思いません。

 

 

 

ただ。。。

 

 

 

プロレスをやりたいのか?

それとも格闘技をやりたいのか?

あるいはそれ以外の何かをやりたいのか?

 

未だに意味不明のままのIGF

もう終わってんじゃないのかしら?

 

 

 

そして。。。

 

 

 

リング内での闘いがショボイからって

ココまでチング外での闘いに全力で取り組む姿に・・・

 

プロレス暴露本でしか読んだことのない

 

暗黒ズンドコ時代の新日本プロレス

 

も・・・多分、こんなもんだったんだろうなぁ~

と、平成生まれのアザゼルは、つい思いを馳せるのでございまするぅ~

 

そりゃあ、経営も傾いちゃうのも当然ですよね。

これで上手く経営が回ったら、それこそ

 

世間なんてチョロイもんだ!

 

ってことになっちゃいますものね。

 

三沢さん・小橋さんが全盛だった時代のノアに業界盟主の座を奪われ、

経営危機説ばかりが紙上をにぎわせた「暗黒ズンドコ時代」の新日本。

 

もしかすると。。。

 

今回の一連の騒動のような感じだったんじゃないの?

 

歴史は繰り返す

 

っていうより、

 

誰も成長していないし

何一つ学んでもいない

 

という方が、より適切なのかもしれませんね。