xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : G1出場メンバーを見て感じたコト ~サプライズ枠が「飯伏さん」だけなのが・・・ 個人的には全日本の「宮原さん」が観たかったです~


う~ん・・・

いずれも素晴らしい選手の方々であるとは思いますが・・・

(一部、疑問符は・・・あるけど(苦笑))

 

プロレス業界での「G1」ブランドが絶対的な地位を築き上げられている以上、敢えて冒険する必要性は無いことは理解できます。

 

もちろん、「飯伏さん」が登場されることで、G1が更に活性化することも事実でしょう。

 

もっとも・・・

 

「ケニーさん vs. 飯伏さん」

 

の組合せは、単独で両国クラスの大箱興業を軽く札止めにするぐらいの破壊力を持ったイベントですから、

 

今年のG1で実現することは絶対にない

 

でしょうが。

 

 

 

さてさて。。。

 

 

 

最近、新日本は、全日本との交流を再開したわけですが・・・

黙っていても高額なチケットがガンガン売れていく、そんな最強クラスのコンテンツである

『 G1 』

に招いてもらえるほど、全日本の若き太陽「宮原さん」は(少なくとも現時点では)評価されているわけではない・・・ということなのでしょう・・・

 

いまや全日本プロレス自体が、

「ベスト・オブ・インディーズ」

みたいな多団体の混合ミックスみたいな興行団体になっていますものね。

 

伝統ある「三冠王者」とはいっても、

「数あるインディー団体の頂点」

程度の扱い・・・ってことなのかもしれません。

 

いわゆる

「顔じゃないっ!」

ってことかも。

 

 

【補足】

全日本の興業を観戦すると、現在のインディ団体で活躍している注目選手を自動的に観るコトができるので、結構お得感があるんですけど・・・

(デスマッチとか電流爆破がお好きな方を除きます。)