xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

全日本プロレス : 全日本の興業を観戦して、肌で感じたコト ~全日ファンは・・・ホントに優しいぞ!!~

イキナリですが、こちらのページをごらんください。

 


 

ドコのプロレス団体のページにも掲載されているチャンピオンの一覧なんですが・・・

 

お気付きになりましたか?

 

そう、そうなんです。

団体の至宝である「三冠ヘビー級王座」をはじめ、

主なベルトを持っている選手が・・・

 

ほぼ全員が『外敵』

 

 

経営不振によりリアルに沈没しかかった時代の「ノア」でも、こんな風景があったように記憶しているのですが・・・

 

これが「新日本」だったら、ぐーたらプオタのアザゼルでも黙っていませんぞ。

 

 

 

でもね。。。

 

 

 

全日本のファンの皆さん(※全員とは申しませんが・・・)って、優しいんですよぉ~

例え『外敵』であろうとも、優しく迎える

そんな雰囲気が会場を包んでいるの。

 

コレって、凄くないですか?

アザゼルはねぇ~チット感動したんです。

( ↑ 何でも感動するクセ多し (;^_^A )

 

「スゴイ試合でした!」

 

という意味での拍手や声援なら、

観客の絶対数が多いから新日本の方が圧倒的に大きいんです・・・

 

 

でも、全日本の場合、何だろう・・・

そういう感じじゃなくて

 

「コレからも全日本で頑張ってね!」

 

と『外敵』だったはずの選手を温かく迎え入れる・・・

そんな感じ。

 

全日本ファンの方からの異論も反論も認めますが、

新日本ファン山岳派アザゼルからすると、

 

「全日ファンって、メッチャ、アットホーム」

 

 

誤解しないでくださいね。

決して馬鹿にしているではなく、むしろ、

「何、この良い雰囲気は!?」

と感じているんですから。

 

新日本には、昭和チックな「殺伐とした空気感」が若干とはいえ残っているのに対し、全日本には、何とも形容のし難い、和やかな雰囲気に包まれているんです。

 

個人の感想です。

  会場の雰囲気の感じ方には個人差があります。

  ・・・にゃんちゃって♡♡♡

 

 

 

特に。。。

 

 

 

チット前までは・・・

休日の後楽園ホール大会ですら、

大会当日、フラッと寄って指定席のチケットを購入できましたし。

 

新日本みたいに毎度毎度ギューギューのスシ詰め状態に押込められる。

挙句、隣の席にワキガの強烈な男子が鎮座したおかげで、絶望と怒りと悲しみに打ちのめされる・・・

そんなことは全くなく、隣に誰もいない席で、万世のカツサンドをいただきながら、悠々と「王侯貴族のような気分で観戦する」ことすらできたんです。

 

 

 

あっ。。。

 

 

 

「全日本の棚橋さん」こと、宮原さんがイケないんだっ!!

彼が台頭してきた以降、観客が眼に見えて増えてきたんだもん。

 

もちろん、ゼウスさんの活躍もあったし・・・

でも一番の要因は、諏訪魔さんが欠場してくれたおかげかしら(ウソ)

 

 

 

閑話休題。。。

 

 

 

もっと優しくて、もっと暖かくて、もっとフレンドリーな雰囲気で

プロレスを生観戦したいなぁ~

と思った貴方!

そう、こんな場末のブログを読むぐらい、

ヒマでドーしようもない貴方(ウソ)

 

全日本の興業を生観戦しませう!!

 

 

全日本は新日本より大きな選手の割合が高いので、迫力は決して新日本に見劣りはいたしませんぞ。

 

しかも・・・

今では、若き太陽、宮原さんをみれば、

「あぁ・・・12年前の棚橋を観ているようだ」

と思えるかも・・・

 

(ホントに12年前の棚橋さんに見えたら、

 一度、病院で精密検査を受けることをお勧めいたします。)

 

 

 

さぁ!

 

 

 

れっつ・えんじょい・ぜんにほん

 

     (* ´艸`)クスクス