xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 対ヒロム戦の後、タイチさんが「でかくなったなぁ小僧...」と呟いた意味がやっと分かりましたぞ ~元ネタがあったんですね・・・アニメ「北斗の拳」~


 

おぉ!

コレだったんですね!!

(22秒ごろ、タイトルのセリフがあります。)

 

 

っていうか。。。

 

 

このアニメ、面白そうじゃないですか!?

絵も綺麗ですし。

 

『拳の勝負では、

 お前の勝ちかもしれん。

 しかしお前は、

 この体に流れる帝王の血に負けたのだっ!!』

 

・・・ヤダ

・・・何、このカッコイイ、セリフ

 

技の名前が大袈裟なのもプロレスっぽくって面白いです。

「きょくせいじゅうじけん」

 (どんな漢字なのか・・・分かんない・・・けど)

 

プロレスでも、同じ技なのに

使い手によって呼び方が違う!!

のは仕方が無い・・・にしても

殊更に「大袈裟なネーミング」したがる選手・・・

いますよねぇ~~~

 

(* ´艸`)クスクス

 

 

おっと、待ってください。。。

 

 

アニメのセリフを使ったってことは・・・

タイチさんは北斗の拳」のファン

ですよね。

  

で・・・

 

このセリフの意味が分かった

プオタさんも北斗の拳」のファン

だということですよね。

 

 

ということは。。。

 

 

プオタさんが

北斗の拳ファンである比率は

世間一般と比較して、異常に高い!

ということなのかしら?

 

 (゜_゜>)ウーン

 

 

もしそうなら、リングの上で

「ワチャチャチャ」

とか叫びながらの連撃をすれば、

会場から歓喜の声が上がる・・・ってこと?

 

 

もし、アザゼルがその場面に遭遇したら・・・

100%の確率で笑っちゃうな。

 

 (´∀`*)ヶラヶラ

 

 

だって・・・

日本って平和だなぁ~

と実感できちゃうんだもの。

 

その前に・・・

 

呑気にプロレスを観戦している時点で平和なのかもしれませんけれど・・・ね。

(もちろん、アザゼル自身も!)