xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : さぁ舞台は整った! タナ様のヒール・ターン、お願いしますっ!! ~6.11大阪城ホール大会 IWGPインターコンチ戦で、新日本はファンに新しい風景をみせられるのか?~


ドーでもイイことなんですが・・・

最近、事故が多発している新日本プロレス

 

その西日本最大の祭典「大阪城ホール大会」で

 

『プレゼンターが

 「保険見直し本舗

 っていうのは・・・

 ヤケクソ気味の自虐ですか!?

  それとも

 壮大なブーメランですか!?』

 

・・・ウソです。

純度200%のウソです。

 

(m´・ω・`)m ゴメン…

 

 

さてさて。。。

 

 

アザゼルの興味は、それはもう

IWGPインターコンチ戦のみぃぃぃいいい!!

JoJo風に)

 

アザゼルの読みは、大方の予想のとおり、タナ様の勝利。

しかも・・・試合中に他のレスラーが介入し、それにレフリーが気を奪われている隙に、タナ様が内藤さんの股間にキツイ攻撃を行い、それが決め手になってのフォール勝ち。

(あるいは、観客が一番フラストレーションの溜まる、リングアウト勝ち)

 

そうなれば・・・会場はブーイングの嵐でしょう。

記録映像でしか観たことのない、昭和プロレスみたいにリングにバンバン物が投げ入れられるかもしれません。

 

 

でもね。。。

 

 

そのとき、タナ様が、リングアナからマイクを強引に横取りして、

 

「ブーブー、ブタみたいに喚いている会場の奴ら!

 よぉ~く聞けぇ!!

 内藤が、ココで大の字になってブッ倒れている内藤が言ってただろう。

 この会社は、俺が言うことは何でも実現するんだって!

 だから、約束しよう。

 これから、誰も観たことがない、新日本の新しい風景をおみせすると。」

 

ついでに、ギミックとして新日本プロレス

執行役員 兼 最高現場責任者」

に就任させちゃえ!

(取締役および執行役は株主総会の決議が必要だから、執行役員にしとく。)

リアル権力を笠に着た最高のヒールの誕生でござる。

 

WWEではよくあるギミックなんですが、今回のケガのこともあって、内藤さんから滅茶苦茶に「口撃」を受けているのも、タナ様にとって最高のヒール・ターンの舞台は整ったんだけどなぁ・・・

 

何にもヤンないのかなぁ・・・

 (´・ω・`)ショボーン

 

 

タナ様の場合、コレまでのレスラーとしての実績や団体への貢献がスゴイから、誰に負けようがヒールに転向しようが、レスラーとしての格が下がるわけじゃないもん。

むしろ、ファンをヒートさせる起爆剤あるいは触媒となることができれば、更に格上げされるような気が・・・するんです。

 

タナ様が、新日本のHHHになってくれたら・・・

アザゼル、PCの前で声を上げて泣いちゃうぞ、キット

(嬉し過ぎて)

 

 

っていうか。。。

 

 

チケ代、爆上げしたんだから、それぐらいの

「新しい風景」

みせて欲しいぞ。

アザゼルは、今回、遠征できないけど・・・

( ↑ 説得力、皆無 )