xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

「死ぬということ」を直視した人間にとって、「死」そのものは恐ろしいものではなくなる ~本当に恐ろしいのは「死」への過程、という指摘は十分傾聴に値する~


末期の病気の人たちにとって、死は必ずしも避けたいことではなく、待ち望んでいる変化(transition)となることもある。

しかし、日本国内では、望まない延命治療を施されている末期の患者さんが驚くほど多い。

胃ろうや過激な点滴などのさまざまな延命治療は、彼らが苦しむ時間を引き延ばしているに過ぎない。

 

アザゼルの場合、

生まれてからずっとずっと内臓疾患との闘いの連続。

もう・・・疲れちゃった。

 

それに、覚悟はとっくに出来ています。

だから

「死ぬこと」

に恐怖は感じません。

 

むしろ恐れるのは、

「無駄に生き続けてしまうこと」

それだけは絶対に嫌!!

 

安楽死は、尊厳ある死の選択であり、

敗北でもなければ、誤りであるとも思いません。

健常者に、この気持ちが分かるもんか。