読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

雑記 : プロレスで面白いネタが無い・・・ ~もちろん、ゴシップ系のことですけれど・・・~

プロレスネタ、全然書いておりません。

だって・・・コレは!って感じのネタ、皆無なんですもの。

 

チト興味が持てたゴシップ系も、ノアとか、全日本とかじゃ・・・

書いても反応が超薄いってだけではなく、書いていて面白くないんです。

 

最近の全日本、リング上での闘いは、かなぁ~り良いのに。

 (´・ω・`)ショボーン

 

新生ノアは・・・

これまでどおりのノアから何が変わったというのかしら?

 

旧TNAが参戦したとはいっても、あの面子じゃ、盛り上がれって方が無理。

しかも、旧TNAの経営体制が完全に変わってしまったから、今後はジミー鈴木さんのブッキングも期待できそうにないし。

(誰も期待していないかもしれませんが(笑))

 

W-1は・・・

メッチャ頑張らないと、今のようなメリハリの無い興行はマズイんじゃないかしら。

会長に棚上げされた武藤さんは今後、個人の利益のために外部の団体に出稼ぎに行くらしいですし(苦笑)

 

現状のようなテーマ無き闘いを続けていると、いつまで経っても集客なんかできるわけがありません。

こうなると興味は、オーナーが団体経営を見切るタイミングはいつなのか?っていう、モロに別冊宝島による暴露本の世界に陥りそう。

 

大日本は・・・

デスマッチがダメなので、個人的には敬遠。

ただ、ストロング系のレベルは、お世辞抜きで高いですぞ。

 

それにしても鈴木秀樹さん、あれだけの実力者なのに、あれだけの体格なのに、このままインディ・シーンで終わるっていうのは、余りにもモッタイナイ。

もっとも、すでに37歳ですから、新日本で大暴れ!っていうイメージも湧きませんし、おそらくインディの世界の覇者として記憶の彼方に追いやられるのは致し方ないのかもしれません。

 

DDTは・・・なんていうか・・・

「頑張ってください、文科系プロレス」って感じ。

地上波テレビ局が付く可能性も無いし、勢いがある!と報じるのは週刊プロレスばかり、という現状ではダメでしょう。

 

WWEも・・・

中邑さんのロースター昇格、事実上の確定の噂(笑)とかあるけれど。

事実上のさよならデッドマン、さよならシナとかで、一つの時代が終わった感じ。

(シナさんは、パートタイマー・レスラーとしての位置付けがより一層鮮明になる模様。)

 

ROHを買収するとかしないとか・・・

ブッチャケ、ドーでもイイような話しか俎上には・・・

 

 

 

プロレスという虚実が入り乱れた夢幻の世界にあっては、常に強烈な話題を提供し続けることが生命線のはずなのに・・・

新日本もコンプライアンス重視のフツーの会社になったのは分かるけれど、もうチット話題をガンガン提供してくれないと・・・

 

 

 

お腹がスキ過ぎて、もう思考回路がグチャグチャ。

ゴメンナサイ。。。