xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : ニュー・ジャパン・カップ(NJC)の優勝者は、柴田さん! ~予定調和のまんまだけど、コレはもう仕方のない結果に~

 

www.njpw.co.jp

 

結局、柴田さんの優勝で幕を閉じたNJC。

ある意味で順当な結果。

 

柴田さんのIWGP挑戦なら、今の新日本の観客動員力をもってすれば、どこの大箱会場でも超満員は確実だと、あらかじめ読めますものね。

柴田さんはイロイロあったけれど、これで禊(みそぎ)は完遂されたってことなのでしょう。

 

というか、今回は決勝戦が始まる前から読めていた方が大半だったでしょうし、仮に何の予想をされていらっしゃらない方でも、最初の数分間で結果が読めたでしょう。

アレだけファレさんが「無法」に暴れれば、結果は読めちゃいますもの。

 

ただ。。。

 

最近の柴田さんの試合構成って、いわゆる「我慢大会」の様相を呈している、というか、張り手だとか、肘打ちだとか、そんな応酬が続くので・・・

ブッチャケ食傷気味なんです。

 

レスラーって凄いっ!ということは十分に伝わるのですが、何て申しましょうか・・・

サイコロジーを駆使して、観客を己の掌の上で踊らせるかのような技巧を感じさせてくれないので・・・

あんまり好きではないんです。

 

もとより、こんなモノは、アザゼルの独り善がりの意見でしかなく、あるいは、偏見なのかもしれません。

それでも、またマンネリ気味の攻防を・・・観たいとは・・・

 

まぁ・・・世界最高レベルの偉大なギタリストたちだって、ソロ・パートでは

「また、それぇ~!?」

てな感じで、マンネリを超えたレベルにまで昇華させているわけですから、エンタメの世界では

「黙って観とけ!!」

というべきなのかもしれませんね。

 

で。。。

 

「田口ジャパン」

相も変わらず面白かったです。

 

でも・・・ね

棚橋さん・・・が

・・・ドンドン劣化していく様を観るのは・・・

正直、スッゴク辛いんです。

 

このまま、世代交代の波の中に埋もれてしまうのでしょうか・・・

少し前までは、新日本の不動のメイン・イベンターとして輝いていた方が・・・

あんなプロレスでお茶を濁す日々・・・

 

寂しいです

詫びしいです

切ないです

 

それでも。。。

 

きっと棚橋さんは復活してくれるんだと信じております。

悪逆非道のヒールに転向し、田口ジャパンを裏切ったうえで、

「ブラック・ニュージャパン」

の総帥として・・・

 

※昭和プロレスの時代に「ブラック・ニュージャパン」だとか、

 「狼軍団」だとかが暗躍したそうなのですが、アザゼルは、

 どのようなユニットなのか知らず、再結成してくれないかしら?

 と心待ちにいたしているのでございまするぅ~

 

もっとも。。。

 

50歳に近い第三世代の方々も、マットの上ではいつものプロレスの繰り返し。

このまま棚橋さんが朽ちていく可能性も・・・高いのかもしれません・・・

 

(´・ω・`)ショボーン