xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

WWE : スターダムのトップ選手を根こそぎ引き抜き!? ~新日本プロレスも例外ではない。プロレス団体の経営はかくも安定しない。ついでに、「プロレス総選挙」のネタなど(笑)~

えっと。。。

 

 

新日本プロレスのニュー・ジャパン・カップ(NJC)には、何一つとして食指の動かぬアザゼルです。

次世代を担うであろうイービルさんの売り出しに貢献できれば、それでよいのではないでしょうか?

 

 

誤解の無いように書きますと。。。

 

 

NJCに興味がないのは、そもそもテーマが不明確なままシリーズに突入しちゃったためであり、棚橋さんが1回戦で敗北したからではございませぬぅ~

というか・・・現在のような、ド~でもイイプロレスと申しましょうか、中途半端なプロレスと申しましょうか、あんなプロレスしかできない棚橋さんには、すでに興味を失っておりますので悪しからず。

 

 

さてさて。。。

 

 

今回は、新日本プロレスにも大いに関係のあるお話。

とは申しましても、コレはもうすでにブログで何度も書いたネタですので、やや食傷気味ではございますが・・・

 

ご周知のとおり、

スターダムの紫雷イオさん、宝城カイリさんが

事実上、WWEとの契約に合意した

とのこと。

スターダムはトップ選手を一気に2人も失うこととなり、経営への深刻な打撃となることは想像に難くありません。

 

テレビ朝日新日本プロレス連合も、

「情報操作は誰の目にも明らか」

とまで揶揄された『プロレス総選挙』なるもので、自団体の現役選手を上位に喰い込ませたまでは良かったのでしょうが、

現役選手最上位(4位)に輝いたオカダ・カズチカさんが、将来、WWEに移籍しないとは言い切れません。

 

せっかく(誰の指示かは存じませんが)、猪木さん、馬場さん、初代タイガーマスクさんに続く4位という地位に付けてあげたのに、WWEに移籍されちゃったら・・・

大笑いモノでございましょう。

  (´∀`)アハハハ

 

そういえば。。。

 

『プロレス総選挙』において、

ランキングからも除外された中邑さん

 

昨年、オカダさんをWWE入りさせようと橋渡し役を買って出た(画策した)コトは、WWEユニバースを自称するファンなら知らない者などおりませんから、テレビ朝日新日本プロレス連動からは

「絶対に許せない裏切り者」

という烙印を押されたのかもしれませんね。

 

で・・・その中邑さん、もうすぐWWEのメインロースター入りとの噂。

こうなったら、新日本のファンを根こそぎ奪い去るぐらいの活躍をしていただきたいものでございまするぅ~

 

更に申し上げれば、現役外国人選手としては異例の順位に入ったケニー・オメガさん。

現状を考えれば「ケニーさん推し」をしたくなる気持ちも分からなくはないのですが・・・

早ければ来年早々、遅くとも再来年早々には、WWEへ移籍することが非常に濃厚なケニーさんを押しても・・・大丈夫なのかしら???

 (゜_゜)ウーン 

 

 

ただ。。。

 

 

気になるのは、これまで2度も昏倒し、記憶障害および言語障害を伴うような脳震盪(※決して軽視することなどできないレベル)を起こした経験を持つ宝城カイリさんと、WWEは、何故、契約することを決断したのか、ということ。

世界のプロレス団体で唯一、アスレティック・スポーツ団体として通用するレベルのメディカル・テストを実施するWWEが、宝城カイリさんの過去の症状を見逃すわけがありませんもの。

 

WWEは、過去に所属したレスラーから脳震盪による障害を放置したとして、米国でクラス・アクションを提起されています。

そのため、以前にも増して重症レベルの脳震盪を起こした選手をリングに上げることには非常に慎重になっています。

 

有名なところでは、ダニエル・ブライアンさん。

過去に起こした重症レベルの脳震盪による影響から、結果的にメディカル・テストをクリアできず、引退を余儀なくされました。

 

宝城カイリさんのケースでは、メディカル・テストで「問題無し」との診断を複数の医師が下した、というのでしょうか?

この点については、何の情報も出てこないので、語るべき言葉を持ちません。

 

 

ちなみに。。。

 

 

ダニエル・ブライアンさんの場合、WWEでは現役を引退しましたが、統一コミッション組織など無いプロレス業界の常として、他団体なら現役続行は可能です。

彼が現役引退を余儀なくされたのは、引退を決意した時点でWWEとの長期契約が残っていたからで、止む無くGMという職に甘んじていたわけなんですが・・・

 

一部の米国プロレス・メディアの噂によると、ブライアンさんは現役への未練が断ち難く、近々にも到来する契約満了をもってWWEを離れ、他団体で現役復帰するらしい・・・というのです。

もし本当なら、確実に新日本プロレスのマットに上がるはずですから、その意味ではワクワクしちゃってイイんじゃないかしら。

(ブライアンさんは、新日本のスタイルが大好きだと公言なさっていますし。)