読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 「タグチ・ジャパン」がツマラナイ・・・ ~誰も書かないのなら、アザゼルが書いちゃうぞ~

プロレス!

「タグチ・ジャパン」のウケがやたらとイイみたいです。

確かにプロレス雑誌でも評価は「素晴らしい!」というものばかり。

 

なるほど、田口さんが監督を務める

「タグチ・ジャパン」の弾けっぷりの凄さ

は、アザゼルも認めざるを得ません。

 

観客の心理を掌の上で転がすかのようなサイコロジー・・・というより、

予定調和の世界なのに、思わず笑ってしまう

要素をふんだんに取り入れた

『明るく楽しいプロレス』

を新日本のマット上で展開できていることは、素直に認めています。

 

田口さんは、イイんです。

このままで。

 

一皮どころか、もう皮なんか全部ズル剥け

になるぐらいに剥けちゃったプロレス。

やりたい放題にやっているようにみえて、チャンと会場の雰囲気をグラップしちゃっているんですから。

 

 

でもね。。。

 

 

棚橋さんを観ていると・・・

脇役というか、会場での盛り上げ役に甘んじている姿を臆面も無く晒していることに、どうしても腹立たしさしか感じないんです。

 

「40歳レスラー限界説」

を自分から裏付けてドーすんのでしょう???

 

アザゼルは、棚橋さんが後進に道に譲るつもりなのだとしても、WWEクリス・ジェリコさんぐらいの活躍を期待していたのですが・・・

完全に期待外れの惨状。

 

ヒールへの転身も期待していたけれど、そんな素振りはまるでなく、

団体の広報係にでも転身

したかのような感じしか受けません。

自分から脇役を愉しむような「悟り」の境地の棚橋さんなんか、イラナイッ!

 

それに。。。

 

哀しいまでに動けない中西さん

を観ていると・・・

そもそも第三世代の方々なんか必要なのかしら??

 

マジ疑問です。

 

ついでに申し上げれば。。。

 

ヨシタツさんの感情移入が少しもできない

ドーでもイイようなプロレス

それに付き合うだけの天山さんと小島さんの

ドーでもイイようなプロレス

 

今の新日本にこんなプロレス、必要ですか?

新日本のマットは、いつから養老院のベットと化したんでしょう。

 

風の噂によると、永田さんはノアを買収した内田さんと頻繁にお会いになっているとのこと。

トットと脇に追いやられたままの第三世代をまとめてノアに移籍して欲しいものでございます。

 

レスラーが現状維持を甘受するようになったら、自己顕示欲の塊であるはずのレスラーが感情丸出しのガツガツした「牙」を失ったら・・・

サラリーマンの成れの果てみたいなプロレス

をおカネと時間を費やして観る必要なんか微塵も感じませんぞ。

 

特に、棚橋さん。

最近のイイお父さんっぽい感じ・・・大嫌いっ!!

 

 

それでも。。。

 

 

まだ信じている自分がいるんです。

きっと「牙」を隠し持っているんだって・・・