読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ブログを好き勝手に書く意味 ~おカネ儲けのために書くブログと、好き勝手に書くブログは根本的に異なる~

当然ですよねぇ~

自分の好き勝手にやって、ブロガーにしろ、Youtuberにしろ、閲覧回数がビジネス・ラインに乗るほどに増えたら、それこそ奇跡。

 

奇跡に自分の人生を委ねるほど、アザゼルは傲慢ではございません。

芸能の世界で食べていけるのはごく少数だって知っていますから。

 

アザゼルはですねぇ~

ラジオ番組にしばらく出演していたという『黒歴史』を抱えています。

 

そのとき分かったことは、知名度ゼロの子の出演料って・・・

交通費ぐらいしか出ない

んですぞ。

一緒に出ていたアイドル志願の子によると、某雑誌の表紙(当然、肌の露出度高し)になっても

交通費も出なかった

んですと。

 

アザゼルは、アイドル志願の子に

「自分の将来・・・見えてるの?」

と出演後の食事会で野暮な質問をしちゃって、泣かせてしまったことがあったりします。

(あの子は、今・・・どうしているのかしら・・・)

 

おカネを儲ける・・・

組織の看板と保護無しに、ソレを実現せしめることが如何に困難なことなのか・・・

 

アザゼルは、学生の頃に分かってしまったので「飼い犬」になる道を選択したわけでございまするぅ~

 ちなみに、ディレクターさんが

「君の声はセクシーだね」

と評してくれたことには感謝しておりまするが・・・

 

で。。。

 

おカネ儲けの道具としてブログを書くのなら、好き勝手に書けるわけがございません。

必然的に制約もかかるわけですから、アザゼルにとっては

窒息しそうになる

のは眼に見えているので、できませぬぅ~

 

例えば、シバターさんの不倫疑惑ネタを喜んで閲覧される方に、

どんなアフィリエイトをしろと(笑)

できるものなら、やっていただきたいものでござる。

(商品紹介のバナーなんかクリックするわけないでしょう!)

 

 

ともかく。。。

 

 

世知辛い世の中です。

っていうか、いつだって「生きるのが辛い時代」なんですもの。

 

「生きる」

という選択をしたのなら、相応の覚悟は必要だ、ってことですよねぇ~