xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

週刊プロレス : 新編集長に変わっても、変わらなかったのは「新日本プロレスの機関紙」だってこと ~新日本が望むとおりに情報を垂れ流すだけのメディアに意味があるのかな~

 

さらに。。。

 

 

・・・頑張ってくっださい。

週刊プロレスまで廃刊にならないように。

 

さてさて。。。

 

批判したくて批判するわけじゃない。

だけど、新日本プロレスの話題が中心になることは分かるけれど、新日本プロレスが望むどおりの情報を垂れ流すだけのメディアに意味なんかあるの???

 

イマドキ、米国のプロレス専門メディアから日本のプオタはガンガン情報を入手できる。

しかも、ほとんど無料で。

 

米国のプロレス専門メディアは、当然、新日本プロレスの話題も取り上げるんだけれど、その掘り下げ具合や外国人レスラーからの証言(インタビュー)の本音度が

大人と子供ぐらいに違う

んですもの。

 

IWGPヘビー級のタイトルマッチのシナリオの作り方だとか、ブッカーからのケツ(勝敗)決めの伝達方法だとか、もうみんなAJスタイルズさんやMVPさん辺りが、新日本プロレスと契約している時期に米国系メディアで全部喋ってる。

WWE所属以外の米国のレスラーがブックの内容をベラベラと喋るのはフツーにあること。

WWEの場合、スーパースター(レスラーのこと)がブックの内容を外部に漏えいすることは契約で禁止されており、処罰の対象となります・・・が、実際には、イベント前にバンバン情報が垂れ流し状態となっています(笑))

 

 

だから。。。

 

 

いくら鈴木さん(自称:海賊)が

「新日本のすべてを奪ってやる!

 (ФωФ)フフフ・・・」

だとか、一生懸命に芝居がかったことをしたところで、

「ダッサ~い!」

とすら思えないほどの虚脱感をおぼえるだけ。

もうイイですよ、昭和プロレスの残照のようなクサいお芝居。

 

そして。。。

 

お芝居だと分かっていながら、そのインタビュー記事以外に読むべき記事の無い週刊プロレスの惨状。

こんなのドーしろと???

 

 

 

 

 

それでも。。。

 

定期購読は止めません。

批判する以上は、購読すべきだと思うから。