xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : ミスター雁之助さんの呟きから、新日本の❝凄さ❞を感じてみませう ~理由もなく業界に「君臨」できるほど甘い世界など何処にも存在しない~

 

ちなみに。。。

 

すでに引退され、現在は人気ステーキ店を経営されていらっしゃる、元ミスター・デンジャーこと松永さんのブログには、こんなコトが・・・

スポーツ新聞が、松永復帰と報道!
スポーツ新聞が、さよなら引退興行で、松永復帰と報道

バカバカしい。

トークショーでは、遠慮して言いませんでしたが、引退、復帰を繰り返す事を、歓迎しているファンより、バカにしているファンの方が、何百倍も多いんですよ。

話がくだらない。


あと、会場で挨拶してこなかった、新生の選手とは、絶縁する。

新生はやはりダメだ。

間に入ってくれた、矢口さんと、主催者の高橋さんの顔を立てて我慢しただけです。

 

※ アザゼルからの補足 ※

引退と復帰を繰り返して世の笑い者になっている、いわゆる「裸の王様」とは、言うまでもなく大仁田さんのこと。

「新生」とは、現在活動中のFMWのこと。

 

 

業界の盟主たる組織に君臨する2人が、常に礼儀正しく、あくまで謙虚に振る舞う。

一方、吹けば飛ぶようなインディ団体所属のレスラーは、挨拶すらロクにできない。

 

 

勝利に必然なく

敗北に偶然なし

 

 

生き残ることのできない組織には、それだけの理由がある。

そういうことですね。