xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

日本の明るい未来は・・・やってくるかな ~問題の先送りしか打つ手は無い!?~

(出所:ロイターのコラム特集より) 

【引用開始】

吉川洋東京大学名誉教授は、近著「人口と日本経済」で、労働力人口が減少しているからと言って、ゼロ成長が必然ではないと喝破した。

筆者の分析でも、近年の日本の潜在成長率低下は、労働力の減少よりも、イノベーションの枯渇による。

人口悲観論が強く、吉川教授の著作を楽観的と捉える人も少なくないが、冷静に考えてみれば、イノベーションの枯渇によって潜在成長率が低下しているという同氏の指摘の方がはるかに深刻である。

景気回復が止まってしまえば人々のいら立ちが強まるが、政府は拡張財政を続けることで、それを回避している。

しかし、結局、それは将来世代の所得を先食いすることで、問題を先送りしていることに他ならない。

(中略)

1億総活躍プランは懸念した通り、1億総バラマキ・プランの様相を強めている。

(中略)

供給制約に直面する以上、いずれかの段階で、インフレ率の加速が生じる。

増税や歳出削減などの財政調整を避けるとすれば、公的債務を圧縮する代替策はインフレタックスのみとなる。

意図しようとしまいと、いずれ公的債務の調整は始まる。

【引用終了】

(注)太字はアザゼルによるもの。 

 

どうなるのでしょう・・・ね。

 

安定した生活を送りたいのは多くの方の望むところなのでしょうが、インフレーションが暴走する事態となれば、虎の子の現預金は著しく棄損させられることになります。

「老後破産」も決して他人事ではありません。

 

かといって、これといったイノベーションを生み出すことが困難になった日本にあって、バラマキという名の将来所得の先食い以外に国民生活を維持し続けることは難しい。

ズルズルと増大し続ける歪に耐えられなくなったとき、国民生活に甚大な(あるいは破壊的な)影響を及ぼすほどの巨大な反動が訪れる。

(プレート境界型地震と同じ構図)

 

どうせ将来のことなんか分からないからと、

「もう・・・なるようになぁ~れ!」

って感じでケセラケラに暮らした方が、もしかすると、幸せなのかもしれません。

 

だって。。。

 

一生懸命に頑張って貯めてきた預貯金が、紙くず同然になってしまったら・・・

とても立ち直れる自信なんてないもの。