読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ノア : 新日との関係を絶ったノア。近々にも「計画倒産」との記事が・・・ ~「逆説のプロレス vol.7」 果たして真相は!?~

プロレス!

えっと。。。

 

地元の書店で見つけて購入したので、チットだけご紹介。

詳しい内容はお買い求めの上、ご覧くだされぇ~

 

逆説のプロレス(7) (双葉社スーパームック)

逆説のプロレス(7) (双葉社スーパームック)

 

 ※アフィリエイトはいたしませんので、ご心配なく。直接リンクです。

 

今回取り上げたのは「逆説のプロレス vol.7」の巻頭特集

 『最新「衝撃」ルポ これがブシロード新日本 プロレス界「完全制覇」戦略』

なる記事。

この特集での「ノア」に関する部分は、概ねこんな感じ。

==============================

(1)ノアがIT会社を名乗る「エストビー」社に事業を譲渡する件について、新日の木谷オーナーは本当に知らなかった

(2)「エストビー」社に事業を譲渡できなければ、11月2日と3日に予定されていた後楽園ホールの興業すら開催できないほど、ノアの経営状態は末期的状況に至っていた

(3)ノアは2015年、新日の親会社であるブシロード社に対し、レスラーの肖像権、商品開発権、グッズ関連の販売権等をすでに売却していたが、そんなノアを敢えて買収した「エストビー」社は、ノアを「計画倒産」させるためのダミーである

(4)ノアが抱える債務と新日に売却した諸権利を無かったことにする「計画倒産」を練っている本尊は別におり、それは世間でも名前の通っている会社である

(5)「計画倒産」を実行した後、現在のノア所属選手の一部と新日の第三世代の一部が合流し、新団体を設立する算段になっている

(6)新団体にはテレビ放映の話がすでに進んでいる

・・・という「噂」(裏取りできていない情報)がある。

==========================

 

「なんだよ、噂かよっ!」(三村さん風に)

って思いますよね、普通は(笑)

 

それにね。。。

 

計画倒産」の噂は、別冊宝島でも取り上げられたように、白石政権下での全日でも散々出てきたネタ。

プロレスの新団体設立に多額の資金を投入する、スッゴク気前の良い会社の話って、多分「SWS」のネタ。

 

新日の特番でも分かるように、地上波のプロレス中継で視聴率5%を取るのは至難の業。

(補足:ブシロード政権下の新日でも、この数値をクリアしたことは一度もありません。)

だからこそ日本テレビは地上波でのプロレス中継から撤退したのですから。

 

それにね。。。

 

現在、プロレス団体のうち、プロレスだけやっていれば御飯が満足に食べられるような団体は新日以外ほとんどありません。

喰えない職業の代名詞ともなっている「レスラー」が、いくら処遇に不満があるからといって、新日という安定した組織から飛び出すとは考え難いと思うんです。

 

しかも。。。

 

この経済環境下において、「カネにならない」プロレス団体の経営に、喜んで多額のおカネを投入してくれる『世間でも名の通った会社』って・・・ホントにあるんでしょうか???

しかも、「計画倒産」という重大な犯罪行為を後ろで糸を引いて操る、そんな反社会的組織みたいな『世間でも名の通った会社』って・・・一体ナニ???

 

「エストビー」社が事実上破たんしている会社ならいざ知らず、そんな危険な橋を渡るような真似をする必要があるのかしら。

だって、現在のノアの代表者って、「エストビー」社の代表者が兼務しているのよ。

 

それでも逃げられるなんて思うほど能天気・・・

というより無知な役員がいるとは思えないんだけど。

 

ましてや、版権ビジネスで食べているブシロードが相手。

計画倒産」しようものなら、訴訟の提起を含めた法的対抗措置を即座に取ることは火を見るよりも明らか。

 

もちろん、アザゼルの見方が正しいなんて主張するつもりはありませんぞ。

それでも、いささか・・・というか・・・かなぁ~り現実離れしているような気が・・・

 

それでも。。。

 

特集にあるような「おぞましい行為」が行われようとしているのかどうかはともかくとして、新日に「美味しい部分の版権」をことごとく押さえられ、金銭的にも末期的状況に陥っていると各種報道で伝えられたノアに、何故、「エストビー」社は手を出したのか?

その点について腑に落ちないのも事実。

(ノアの代表者に就任した内田さんの「(新日の援助が無くても)ノアは工夫次第で経営回復できる」という説明だけでは、納得してよという方が無理な気がしちゃうのでござる。)

 

あるいは、アザゼルには想像すら付かないような「何か」が起ころうとしているのでしょうか・・・

もしアザゼルに言えるコトがあるとすれば、

『このネタ、まだまだ続くんだろうなぁ~』

ってコトだけでござるぅ~