読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

年始企画 : 独り「nWoな人々」祭り、絶賛開催(笑) ~エヌヒトさま、ブログ更新祈願~

ワッショイ!!

ワッショイ!!

 

・・・ふぅ、疲れちゃった・・・

 (´・ω・`)ショボーン

まぁ、アザゼルなんぞ、こんなもんです。

 

というわけで。。。

 

最初は、コチラの記事から行ってみませうっ!!

場面は寝ている相手を蹴りつけるストンピングの練習へ。
普段人を蹴ることなど全くないであろうAKB48の女の子達が、ひたすらトレーナーの方を「てめーこらー!」と言いながらストンピングしまくる。
なんというシュールな絵(笑)。
これ絶対「ストンピングされたい」と思って見ているドMがファンいるでしょう。

 

嘘ですね、ウソ。

純度100%、いえ、200%濃縮タイプのウソ。

 

なにがぁ~

『これ絶対「ストンピングされたい」と思って見ているドMがファンいるでしょう。』

だぁ~、カマスぞ、この野郎ぉ!(長州力さん風に)

 

ホントはAKB48のメンバーにストンピングされたい『ドM』の変態さんって、

自分のコトでしょっ!!

さぁ、吐きなさいよ、ココロの叫びを聞かせないよ、この

『真正の変態さん』

 

えっ!?

違う???

 

いいえ、反論は一切認めません。

如何なる抗弁も許容いたしません。

 

どうしても女子からストンピングされたいのなら、アザゼルがやってあげます。

もちろん、ピンヒールで(ウソ)

 

さてさて。。。

 

お次はこちらでござるぅ~

この興行でのやり取りは「反逆起業者」さんのブログでも取り上げられていましたぞ。

しかし問題は、ボスである「渦巻髪の毛」の鈴木さんがカッコいいとかどうだとか、そんなことではございません。

 

鈴木軍」が新日にリターンしてくることでもございません。

ホントの問題は、

誰が新日から契約を解除されるのか?

ってコト。

 

鈴木軍」が新日にリターンしてくるコトは、すでに既成事実のように語られているみたいだけれど、唯でさえ所属選手が多過ぎると指摘されている新日で受け入れるとすると、

考えられることは一つだけ。

今年1月の契約更改で

契約解除の嵐が吹き荒れる

 

ちなみに、NIKONOGEによると(明確な情報ソースは示していませんが)50歳を迎えたレスラーとは、原則として所属契約は結ばないとのこと。

では、ココでヤバ気な選手を挙げてみませう。

 

(1)飯塚さん

   50歳の年齢制限に抵触

(2)四代目タイガーマスクさん

   タイガーマスクWさんが登場した現在、そのレゾンデートルが・・・

(3)高橋裕二郎さん

   モードチェンジできないと、レスラーとしての賞味期限切れかと・・・

(4)元キャプテン・ニュージャパンこと平沢さん

   いろんな意味でヤバイ気がしちゃう

(5)ブルージャスティスさんを除く第三世代の皆さん

   リアル「踏み台」という、現在でも酷い扱いなんだけど・・・

 

新日の選手間の結束固さは、コレまでの「終身雇用」みたいな契約形態にあったことは事実でしょう。

でもね、イマドキの雇用環境を俯瞰しちゃえば自ずから分かるように、そんなモン、幻想でしかなかったんです。

 

雇用(契約)に手を入れない限り、現在の新日は変われません。

木谷オーナーは今年は「新生新日」となると宣言されていらっしゃいましたが、それが本気なのなら、来年も首が繋がっているかどうか分からないという緊張感を組織内に与えることが必要な時期に来たのかもしれませんね。

 

さぁ、お次は。。。

 

この観戦記事は秀逸。

何故かというと、暴露ネタがシッカリ入っているから。

 

今日も一昨日に引き続きRIZINを観戦しにさいたまスーパーアリーナへ行ってきた。
明らかに一昨日よりもお客さんは入っていて超満員。おそらく6-8千人程度。
しかしながら一昨日の大会のRIZINからの公式発表が観衆16,642人でビックリ。そんなわけはない、あの会場のあの仕様だとどんなに頑張っても一万人しか入らない。
しかもビジョンと花道、ステージを作っていて超満員になっていなかったので、一昨日は4-5,000人くらいのはず。
(追記)
この日の観衆の公式発表は1万9357人でした。

 

RIZIN、やっちまったなぁ~!(クール・ポコ風に)

サバを読むにも程ってモンがあるでしょうに(笑)

 

7千~8千人の入りを、1万9千人・・・

流石に桁までサバ読んじゃうなんて、如何にもテキトーなRIZINっぽい。

 

第5試合 RIZIN女子MMAルール
ギャビ・ガルシア(TKO 1R)堀田祐美子

試合はいきなり堀田が四方にロープワークを始める。「おお!」という感じだが、ギャビにロープワークのコースを完全に読まれており、走っているところを捕まる。

そしてそのままギャビの容赦無い攻めを浴びる。

堀田は186cmもあり身体の大きさが全然違う相手で、慣れないMMAルールが相まって全く対応出来ていない。
完全にギャビのやられるままでボコボコにされ、最後は倒れた状態でボコボコに殴られレフェリーストップ。

負けた堀田は顔面血だらけ。
 (中略)
そんな中、スターダムでも活躍した女子プロレスラーのアルファ・フィーメルがリングに上がってきてギャビに挑戦を表明。
な、なんだって!?アルファ・フィーメルは185cmの長身の大型女子レスラー。

ギャビ・ガルシアにも引けを取らない巨体である。

これまたモンスター路線というか、巨体同士のファイトを実現させる気だろうか。
しかしギャビは「今ここでやってやる」とリング上は大混乱。

そして寝耳に水だったのか神取はアルファ・フィーメルに「何だお前! 誰だよ!」と怒り爆発。
なんというか・・、プロレスとプロレスラーをおもちゃにした試合と言わざるを得ない。最低で最悪に胸糞が悪い試合だった。
この日はアルファ・フィーメルまで出てきてまさに日本の女子プロレス界のオールスター実現。

また一昨日の大会前にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技EXPOにて、長与千種がRIZINの榊原信行氏に土下座したのも本当プロレスファンからすれば泣けてくる。

長与と堀田のダブルパンチという感じ。
本当に・・、ふざけるんじゃないよ!

  

イイですねぇ~

これですよね、プオタの観戦記は。

 

一時の怒りに任せた筆がエグるように画面に刻み込む

怒髪天を衝く

って感じの記事。

コレでなくっちゃね。

 

 

頑張れ、エヌヒトさん

頑張れ、「nWoな人々」さん