xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

温故知新(その14) 風の行方

髪を揺らす風は、どこへ行く
流れゆく水は、どこへ向かう

 

ある者は、その行方を追い
ある者は、その場に佇む

 

散りゆく花弁が風に乗り
飛びゆく行方を追うなかれ

 

過去を問わず、未来を待たず
この一瞬だけが、実存となる