xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

温故知新(その1) 映画「ジョニーは戦場に行った」を観る ~肉塊と化した兵士の慟哭と恐怖~

米国政府から徹底的に敵視された映画。
同名の原作は1939年に発表。

 

しかし、「反政府文学」とのレッテルを張られ、第二次世界大戦の終戦間際に発禁処分。

戦後に復刊されるも、朝鮮戦争勃発に伴い再度発禁処分となる。

 

原作者の名はダルトン・トランボ。
赤狩りの犠牲者となった“ハリウッド・テン”の一人。

 

彼の脚本による映画のうち、本作以外に観たのが「スパルタカス」と「パピヨン
いずれの作品も、胸にズーンって響いてくるだけの重々しさを備えている。

 

ちなみに、本作の原題は”Johnny Got His Gun”だから、普通に訳せば「ジョニーは銃をとった」あるいは、チョット意訳して「ジョニーは兵士となることを選択した」って感じ。
でも、邦題「ジョニーは戦場に行った」は秀逸といって良いだろう。


さて。。。

 

この映画、ある意味で最高のホラー映画といえる。

化け物や幽霊なんかの非現実の恐怖ではなく、誰にでも起き得る現実の恐怖を与えるモノとして。

 

人間から視覚、聴覚、嗅覚、そして言葉さえも奪われたとき、さらに手足を切断され自殺することも不可能になったとき、残された時間は、まさに地獄。

この映画は、スプラッター・ムービーのようなドロドロしたものではないけれど、グロテスクの極北。

 

特に最後に突き付けてくる、声ではなく、心の叫びである“HELP”の連呼は、余りにも辛すぎる。

(日本語版もあるみたいなんですが、絶対に吹き替えで観ちゃイケナイ映画)

 

戦争映画を観るのなら・・・

一度は観ておくべき作品だと思う・・・