読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

TNA : なんと、アメックスから不払いで訴訟を起こされていたことが判明! ~ホントにおカネが底をついている模様・・・~

プロレス!

いつ経営破綻してもおかしくないとまで揶揄されている、米国第2位の規模を誇るプロレス団体「TNA」

今回、今年7月20日付けでカード会社大手のアメリカン・エクスプレス(AMEX)から、ニューヨーク州の裁判所に債務不履行(不払い)の件で訴訟を提起されていたことが判明しちゃいました。

 

請求金額は、不払い分の27万ドル弱と今回の裁判にかかる費用の全額。

ざっと3,000万円程度の金銭債権債務を巡る訴訟なのですが、今のTNAに現金一括で支払える能力があるのかどうか・・・(´・ω・`)

 

個人的には、

「もう終わっているんじゃないの?」

っていう感じすら受けるニュースです。

おカネが無いのなら、興行なんか打っちゃダメでしょう。

(余談ですが、TNAが資金が枯渇する中でも今月、PV興業とテレビ収録用の試合を行ったのは、もし興行等を行わないと契約相手のケーブルテレビ局から訴えられることが確実だったから・・・という報道も一部にあったんです。)

 

TNAの経営譲渡問題は、未だに決着らしい決着をみせないままズルズルと現在に至ります。

問題をややこしくしている張本人がディクシー・カーター会長とのこと。

 

TNAの支配株主であると報道されているディクシー・カーターさんは、経営権の譲渡(=所有株式の売却)後も自分を経営陣に残すことを条件としているんですって(笑)

見事なまでに失敗した経営者をそのまま残すことを条件とした譲渡など、誰が考えても受け入れ難いでしょうに・・・

 

TNA・・・

来年・・・存続しているのかしら・・・(´;ω;`)