xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ダイヤモンドスターズレスリング(DSW) : 日本人レスラーのXとYは・・・船木さんと金本さんでしたっ! ~ミスちゃったぁ!「元Fight野郎」さんを信じたアザゼルがおバカでした~

 

 

えぇぇぇ~!?

マジですかぁぁぁあああ!!

 

「元Fight野郎」さん、

『金本さんはオファーを断った』

って、自信タップリにブログでお書きになっていらっしゃったのにぃ~

信じたアザゼルが馬鹿でした、おバカでした、もう死んじゃいたいぐらいにおバカさんでございましたぁ~

 

こんなコトなら、目覚し時計をチャンとセットしといたのにっ!!

今回、ホントに「失態」だったと超反省のアザゼル。

 

 

っていうか。。。

 

 

最初から「X」だの「Y」だの、昭和プロレスみたいな仕掛け、止めて欲しかったです。

・・・と言いつつ、昭和プロレスの仕掛けなんて暴露本で読んだぐらい知らないんですが・・・

 

 

うぅ~ん。。。

 

 

納得できません・・・

もう超納得できませぬぅ~(歯ぎしり)

 

 

という訳で。。。

 

 

DSWの「アドバイザー」に就任した

週刊プロレス編集長 ターザン山本!さんの呟きをご覧いただきながら、本日は、サヨナラでございまするぅ~

 

 

えっ・・・!?

ターザンさん、「アドバイザー」・・・ですよね???

 

 

ええっ・・・!?

いや、だから・・・山本さん、ホントにDSWの「アドバイザー」なんですよねぇ???

 

 

「上級顧問」・・・

何て言うか、胡散臭いって言うか(笑)

 

 

ターザンさん、「フット・スタンプ」・・・ご存じないみたい・・・

それでもプロレスでご飯を食べられるんですもの、コレを「才能」と言わずして何と言えば良いのでございましょうか!

 

 

『トージョー・ヤマモトとジャッキー・ファーゴ』・・・存じません。

でも、シャシンを見る限り、札止めはもとより、超満員ともならなかったようですね。

 

 

「ミスター・レスリング、ティム・ウッド」・・・

へぇ~、その昔、そんなレスリング・マスターがいらしゃったのね。

 

 

フムフム・・・

田中さん、いわゆる「流れるようなプロレス」、「綺麗なプロレス」をされますものね。

 

 

 

なぁ~るほどぉ~

「焦らす」のが昭和プロレスの「流儀」だってわけですね。

 

 

うわぁ~分かりやすぅ~い(笑)

コレが「仕込み」って訳ですかぁ~、こういう点も「昭和プロレス」ぽいんでしょうね、きっと。

 

 

そのお言葉、そのまま長州力さんと新日の木谷オーナーにお伝えすればイイんじゃない?

多分喜んでくれますよ、そして、「哀れターザン、リキ・ラリアットの餌食となる」って東スポに小さく載るんじゃないかしら(呆)

 

 

 

 

 

最後に。。。

 

 

コレだけのメンバーを揃えた(NWAのブルース・サープ社長まで米国から呼び寄せたんですよ!)興行、新木場1stリングがギューギューの札止めになっても、利益なんかチットもでないでしょうに・・・

 

この興行の「金主」さん、初戦は顔見世だから赤字でも問題無いとか・・・

まさか、そんな世迷言を信じちゃったんじゃ・・・

 

もちろん余計心配なだけれど、こんな心配の一つもしたくなっちゃうわよね。

このメンバーのレベルと会場の規模のバランスの不釣り合いに。