読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : ブシロード「キング オブ プロレスリング」のサービス停止からも分かる、対世間への浸透は未だ不発 ~プロレスはどこまで行っても所詮サブカル。メインストリームになんかなるはずないから~

プロレス!

えっと。。。

 

こんにちは。

体重33kgのアザゼルです。

 

先日の台風接近の報を耳にして、マジで大風に飛ばされるんじゃないかとビビッちゃいましたぞ。

まぁ・・・そんなことはドーでもよいことなんですが(笑)

 

で、ドーでもよくないのが、上記のリンク先の告知。

『「キング オブ プロレスリング」

 サービス終了に関するお知らせ 』

 

ブシロード新日本プロレスを買収したことについて、現新日本プロレスの木谷オーナーはインタビューで何と仰ったのか、覚えていますか?

(インタビュアーから、ブシロードの主力商品であるカード・ゲームでの展開について質問されて)

カード・ゲームでの事業展開を想定していなければ、新日本プロレスの買収は無かったでしょうね。

 

いうまもなく、キンプロのサービス停止の理由は、

売れなくなったから

つまり、対世間へのプロレスの浸透は不発に終わったってこと。

まあ・・・20弾も継続できただけでも評価すべきで、最初から

『キンプロなんか、ドー考えても無理筋』

であるとしか思えなかったんですけれど。

 

もっと言えば、プロレスの限界を露呈したってことでしょう。

サブカルは所詮、ドコまで行ってもサブカル止まり。

 

対世間を声高に叫ぶのは勝手だけど、その声は世間には残念ながら届いていませんでした・・・ってことですよね。

事業として負けは負けとして認める他はございますまい。

 

おっと・・・こんな風に書いちゃうと、熱い、超熱い、っていうか、単に暑苦しいだけの昭和プロレス大好き系のプオタさんから、また抗議のコメントを頂戴しちゃいそうね。

 (^_^;)

だって、昭和プロレス大好き系のプオタ男子って、すぐに

「出る前に負けた時のこと考える馬鹿いるかよっ!」

(+ビンタ)

って、往年の猪木さんになっちゃうから。

 (/ー\)キャッ

 

【補足でござる】

猪木さんのご発言、猪木さんの名言動画で観ました。

なお、その試合で対戦することになっていた橋本さんの迷言

「時は来た。

 それだけだ・・・」

も面白かったです。

でも笑ちゃったのが、橋本さんとタッグを組む蝶野さんの素振り。

橋本さんの迷言を耳にして、対戦前のインタビューという重要な「煽り」であるにもかかわらず、思わず素に戻って噴き出してしまい、何とか無かったことにしようとしたのは、笑うなと言う方が無理。

そのときの経緯については、コチラをドーゾ(もちろん動画付き)

 

さてさて。。。

 

 

プロレスは、果たしてサブカルの域から脱却してメインストリームに打って出られるのでしょうか。

ぶっちゃけ、不可能に近い・・・とは思いますが、

プロレス関係者の皆さま、頑張ってくださいませ(棒読み)

 

 

ちなみに。。。

 

 

サブカルか否かの判別は、例えば、商談相手との談笑の際に、話題として出すのが望ましいかどうかを考えれば手っ取り早いんじゃないかしら?

ゴルフとかテニスとか野球とか・・・スポーツ系の話題なら差し障りが少ないとは思うんだけど、もしプロレスの話とかしちゃったら・・・それも最近の新日とかDDTとか・・・後で上司からマジで叱られるだけ・・・

 (´;ω;`)

 

 

余談の余談。。。

 

 

週刊プロレス編集長 ターザン山本!さんが、こんなコトをご自身のブログで開陳されていらっしゃいましたぞ。

ご周知のとおり、故・ジャイアント馬場こと馬場正平さんは、めでたく三条市の名誉市民となられました。

が、ターザンさんにとっての問題は、馬場さんが名誉市民になるか否かが問題ではなく、プロレスは文化だと認められないことに憤懣遣る方無いみたい。

あのね、プロレスは立派な文化の一つなんだよ。

それって理解されないか? 

無理か。

ダメか。

そうだろうな。

言っても無駄。

(中略)

がっかりだ。

世の中ってそんなもんか。

やっぱりな。

 

アハハハ

『プロレスが立派な文化』なんですって。

ガッカリなのは、ターザンさんの方でしょうに。

 ┐(´ー`)┌ マイッタヨネ~♪