読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

別冊宝島「真昼の暗黒」(その2) 故ジャイアント馬場さんの御令室 馬場元子さんの話題がバンバン出てくるのは何故? ~元横綱 曙さんと男女の仲と噂されているとか・・・いくら何でも飛ばし過ぎじゃない?~

プロレス!

あらかじめお断りしておきますけど、アザゼルはアフィリエイトの類は一切いたしません。

Amazon楽天等への雑誌購入ページへの誘導は付けませんので、ご興味のある方は、ご自身でご勝手にドーゾ。

 

 

さてさて。。。

 

 

別冊宝島「真昼の暗黒」

今回、秋山さんの全日本プロレスと曙さんの王道を天秤にかけ、結果的に容赦なく秋山さんを切ったという馬場元子さんの話題が、結構なページ数を割いて解説されているんです。

 

内容はというと・・・チット書きたくないです。

ことほど左様に容赦のない「元子バッシング」の雨あられ。

 

まぁ・・・プロレス業界のゴシップ大好きッ子のアザゼルでも、元子さんの良い噂というのは、ついぞ耳にしたことはございません。

例えば、元新日の永島さんも、ボロクソに貶しておられましたものね。

 

でも、故・ジャイアント馬場さんが社長を務めていらっしゃった時代の全日本プロレスにあって、世間的常識の無い昭和時代のレスラーたちを手なずけるためには、止む無く元子さんが悪役を引き受ける場面が少なからずあったんじゃないかしら。

だって、夫の馬場さんと団体を守らなければならないんですもの。

 

アザゼルだって、将来、結婚したら・・・

夫を守るために(やりたくはないけれど)悪役をやるぐらいの覚悟はあるけどなぁ~

 

っていうかですね、秋山さんも曙さんも、団体の経営者としての才覚が無かった、というのが問題のはず。

元子さんが支援を約束しながら梯子を外すような真似をした(支援を打ち切った)のは許せない(人の道に悖る)・・・っていうのは逆恨みの類じゃないの?

 

秋山・全日本については、記事の中で、すでに手打ち興行すら行う資金的余力は失われており・・・みたいなことが平然とかかれているんだけど・・・

コレって、団体としてもう終わっている、ってことじゃないの???

 

秋山さんが全日の経営を引き受けるとき、奥様が強硬に反対したのは有名な話。

家庭を持ってる

40過ぎの男性が

根拠も無しに夢を追う

なんて、家族への責任を軽んじていると思われても・・・仕方ございますまい。

 

確かに、元子さんは・・・

(1)故・三沢さんらが全日を離脱してノアを設立する元凶となった

(2)故・馬場さんの菩提寺「正平寺」を作るとかなんとか言って興行を打ち、おカネを手にしたものの、ガン無視した

(3)ノア勢が離脱後の全日では、川田さんが新日に出撃して稼いだファイトマネーを全額ピンハネした

等々、凄まじいぐらいのゴシップの持ち主だってことぐらい、アザゼルだって存じてはおりますが・・・

 

それでもなお、別冊宝島の記事にように、秋山・全日が経営的に行き詰ったら掌を返して資金援助を見送っただけでなく、道場の明け渡しも要求しているのは人倫に反するというのは・・・むしろ、難癖に近いような気がしますぞ。

だって、どう考えても未来が開けそうにない事業に、役員でもないのに敢えておカネを投入する方がおかしいでしょう。

 

 

それにね。。。

 

 

男子でも女子でも、二股交際なんか枚挙に暇がないじゃない。

許せん!という気持ちが分からない訳ではないけれど、見方を変えれば、二股を掛けられた方が馬鹿っていうことじゃない。

 

 

あと。。。

 

 

元子さんはおカネを持っているのに・・・と記事にはあるけれど、

お金持ちほど、おカネにシビア

なのは、古今東西共通といって良いほど、分かり切ったこと。

何をイマサラ・・・って感じ。

 

 

最後に。。。

 

 

チット吐き気をもようしたのが、根拠を何一つ示すことなく、

「元子さんと曙さんは男女の仲との噂もある」

と書くのは、ペンの暴力以外の何物でもない。

アザゼルのようなゴシップ大好きアホな子が何を行っても説得力の欠片もありはしませんが、これは・・・個人の名誉を著しく踏み躙るものであるとしか思えませんぞ。

 

 

といいつつ。。。

 

 

プロレス暴露本をせっせと買い集めるアザゼルなのでした。

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: