読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

別冊宝島「真昼の暗黒」 : ノアと全日、経営危機説の真相に迫る その他のネタも満載(笑) ~経営危機説が流れるノアと全日。ノアでは丸藤さんと杉浦さんは取締役を辞任し、残った田上さんには自己破産の恐怖が!? 全日では親会社どころか元子さんとも縁が切れ、社長の秋山さんはほぼ無給状態で団体維持に苦悩の日々!?・・・だそうです(笑)~

プロレス!

 

えっと。。。

 

 

本屋さんをふらついていたら、別冊宝島の新刊が出ていたのを見つけました。

ゴシップ好きのアザゼルとしては、この手の本がサイコーのおかず(笑)

 

 

さてさて。。。

 

 

今回購入したのが

別冊宝島のプロレス暴露本

「プロレス 真昼の暗黒」

真昼の暗黒・・・分かる人には分かる、何とも意味深なタイトルを付けたもんでござる。

 

 

でね。。。

 

 

今回の新刊、マジでイイです。

暴露の真骨頂は「一切容赦しない」ってことなんですが、今回の新刊には容赦の二文字が無さ過ぎって思えるぐらい。

 

どんな感じかっていうとね・・・

主な特集のタイトルをこんな感じ。

 

 

ファイトマネーはすでに「新日本以上」

と言われる中邑「WWE移籍」の収支決算

 

 

丸藤と杉浦が「取締役辞任」! 

田上社長に迫る自己破産の恐怖

 

 

「親会社」に資本関係を切られた

「秋山全日本」の絶望的状況

 

 

早くも「仲間割れの予感」 

新団体「王道」をめぐる「曙・元子」の暗闘劇

 

 

消えた元・全日本オーナー「白石伸生」が

新たに始めた「みんなのクレジット」の評判

 

 

鳩山邦夫「手形訴訟」で分かった

大仁田の「2000万円」踏み倒し

 

 

斎藤佑樹に「利益供与」スキャンダルを

リークされた ベースボール・マガジン社

池田哲雄社長の「不徳」

 

 

 

確かどっかで読んだ気が・・・(笑)

そんな気がするネタばかり・・・っていうか、このブログでも何度か取り上げたネタでもあるんですが、流石にココまで深堀してくるのは別冊宝島だからこそ。

 

 

しかも。。。

 

 

例えば、ノアの経営危機の内情をバラしているが、(匿名とはいえ)ノアの現役のレスラーというのが笑えます。

将来の見込みの無い、経営危機真っ只中の組織なんて、こんなもの・・・っていうか、おカネ欲しさに自分から売り込みを掛けてくるレスラーって、スゴくないですか?

 

一方の全日の情報提供者は、元全日の関係者なんだとか。

関係者だったからこそ、部外者にはうかがい知れない内情がワンサカ出てきます。

 

当然ですが、ココで書かれていることが全て本当のコトなのかどうか・・・

そんなことはアザゼルには分かりません。

 

それでもなお、経営危機に瀕すると、内部から組織が崩壊していく様をまざまざと見せつけてくれるのは興味深いと思います。

その意味では一読の価値があるのかもしれませんぞ。

 

 

なんというか。。。

 

 

こんなドロドロの人間模様を見せつけてくれるからこそ、プオタは止められないんですよねぇ~(苦笑)

というわけで・・・

今回の別冊宝島のネタ、また書くかも・・・しれません。

   (;^_^A