読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

みんな、プロレスで「馬鹿になれっ!」 ~ネガティブいけない!ポジティブよろし!~

あぁ~あ、またネガになっちゃった・・・

根が暗いんです、アザゼル。

 

もうね、すぐ後ろ向きになっちゃうから。

でも・・・暗いコト考えるの、ヤーめたっ!

 

こういうときは。。。

 

プロレスですよねぇ~

だって、非日常なんだか日常なんだか、もう訳が分かんないんだもの。

 

つまり

『馬鹿になれっ!』

 バカーヾ(´゚д゚`)ノ゛

ってことよね。

おバカでいいのよ、何事も。

 

アタマの良いヒトって、余計なモノまで見えちゃうでしょ。

だから、ダメなのよ。

 このアザゼルのように、おバカな子は、

『何にも見えませぇ~ん』

だから、生きていけるってモンです。

 

というわけで。。。

 

今回は、コチラのブログをご紹介しちゃうぞっ!!


一見すると・・・

スッゲー暗そうなブログに思えるでしょ?

 

しかして、その実態は・・・

プロレス記事がメッチャ面白いの。

怒髪天を衝くかの如く耐えがたい怒りが全身を貫き、おもむくままにしたためた怒りの文章が冴えわたっているんだもの。

 

コレですよ、コレ。

アザゼルは、プオタの原点は「怒り」だと考えています。

「んなモン、納得できるかぁぁぁあああ!」

     #゚Д゚)オラー

ってヤツ。

 

暴走族の喧嘩上等みたいに、一歩でも会場に入ったら

『暴動上等』

と、手に火炎瓶の一つでも持ちながら臨戦態勢で観戦しなきゃ。

  (っ`Д´)っ・:∴

ほら、猪木さんも仰っていたんでしょ?

「いつ何時でも、誰の挑戦でも受ける!」

って(笑)

 

アザゼルの大学が荒れに荒れていた全共闘時代、

「止めてくれるな、おっかさん。

 背中の銀杏が泣いている。」

  (´_`。)グスン

ってフレーズが構内で流行ったらしいんです。

(ホントかどうか知らないけど(笑))

こんな感じの悲壮感に溢れつつ、ヤバイぐらいに目を血走らせて観戦しちゃえばイイのよ。

 

相手がレスラーだろうが、 舐めた態度を取られたら、容赦なく脇腹にドスを突き立てちゃう。

力道山事件の再現。

えっ!?

刑務所行きになるって???

「行けば分かるさ、バカヤロー」

βακαУαЯο..._〆(゚▽゚*)

でしょ、この場合。

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・あれ?

 

あれれ・・・

私・・・何を意味不明なことを喚いているんでしょう・・・

 

ヤッパリ・・・

疲れているのね・・・

 

失礼いたしました。

ホントに。

 

もう寝ちゃいます。

お休みなさいませ。