読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : Aブロックからの決勝進出は・・・ えっ!? まさか、まさかの後藤さん ~「G1のGは後藤のG!、GHCのGも後藤のG!」って・・・プオタを凍死させないでよ!~

プロレス!

えっと。。。

 

モーセ一神教」(ジグムント・フロイト)が、余りに危険な面白さに満ち溢れているために読むのが止められず、プロレスどころじゃございませんでした。

というわけで、Aブロック決勝はリアルタイムでは視聴せず、深夜にベットで横たわりながら、ダラダラと新日本プロレスワールドを観ておりましたら・・・

 

後藤さんが

新必殺技のGTR(笑)

で勝利をもぎ取った瞬間、嫌ぁ~な悪寒がアザゼルの背筋を襲ったんです。

だって、本日のメインイベントで、棚橋さんとオカダさんが引き分けたら、Aブロックの決勝進出は・・・

殿に決定!

しちゃうんだもの。

 

まさかぁ~

まさか・・・ですよね~

そんなブック、あるわけないもん。

いえ、そんなもん認めるわけないじゃない。

 

で。。。

 

棚橋さんvs.オカダさんによるAブロック最終戦を眺めていたら・・・

 ウソ~!

  ウソでしょ!!

   夢でも見てんのかってぐらいにウソでしょ!!!

時間切れの「引き分け」って、マジでアリなの???

 

マサカがホントになっちゃって・・・

後藤さん、Aブロックを勝ち抜けて、

2016年のG1決勝に進出決定!

ま、まぁ・・・とりあえず

「後藤さん、G1決勝進出、おめでとうございまぁ~す」(棒読み)

と同時に

G1最終戦の予約チケットをご購入されたプオタの諸君

  「ご愁傷さまでした」

ああヽ(´Д`)人(´Д`)人(´Д`)人(´Д`)ノあぁ

 

ついでに。。。

 

こんな場末のブログをお読みの数奇者の皆さまに一言申し上げ候。

「予想、また大外れしちゃって申し訳ございませんでしたぁ~」

お詫びに、今後はプロレス界の井崎脩五郎として、アザゼル脩子と改名いたします。

 

ウソです。

というと思ったでしょ、ホントです。

 

ちなみに、競馬コメンテーターの井崎脩五郎さんは、

予想が的中すると苦情が来る

という伝説の持ち主、しかも「井崎脩五郎」というのはペンネームで本名ではないという点も気に入りましたでござる。

(ご本名は「布目健二」様です。)

 

それにしても。。。

 

後藤さんの決勝進出コメント

俺の決勝進出を予想したヤツが何人いるかって話だよ。

 ざまぁみろって気持ちはあります。

 全世界のプロレス業界が注目するG1決勝、

 後藤ワールド見せてやるよ。

 本当のストロングスタイルを見せてやるよ!

 G1のGは後藤のG!

 GHCのGも後藤のG!

 それで丸く収まった。

    あとは、決勝。

    期待してください。 』

 

・・・寒いわ

・・・とっても寒いの

・・・真夏日が続く日本で、身も心も凍えるぐらいに寒いの

・・・挙句に、何が「丸く収まった」よ、真逆じゃない

 

アザゼル脩子、マジでココロが凍てつく寒さに襲われましたぞ。

このコメントのおかげで、日本の平均気温が一時的に氷点下にまで落ちたものと推測いたします。

もう新日系のプオタは、みんな凍死状態だったんじゃないのかしら?

 

新日がこんなブックを組んだのは、現IWGPチャンプのオカダさん、新日のロッカールームのボスにして団体エースの棚橋さんを決勝の舞台で敗者にしないため・・・

というより、

本日の両国大会の集客が「札止め」はおろか「超満員」にも達しなくて、ブッカーの外道さんがヤケクソになっただけなんじゃないの?

アザゼル脩子は、マジでそう思います。

 

コレで今年のG1覇者が「殿」だったら・・・

暴動決定ですね、両国国技館

ガンガン放火とかしちゃったら・・・結構、平成プロレスの未来は明るくなるかも(ウソ)