読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 岐阜大会の結果について「ブックが露骨過ぎるっ!」との指摘がやたらと多い件 ~地元出身のスター選手が凱旋してきたのに、負けるわけないじゃない~

まずは、こちらの「nWoな人々」のコメント欄をご覧くださいませ。

今回の大会の結果について、やたらとブックが露骨過ぎるとのご批判が・・・

 

もう・・・ブックだブックだと騒いじゃっている方々、

それじゃ、このアザゼルと同じになっちゃいますよぉ~(←自爆!)

っていうか、ブックだから何だって言うんでしょうか?

 

地元出身のスター選手、エース棚橋選手のG1凱旋興行ですよ。

そんなこと分かっていますよねぇ~、初めっから。

 

プロレスはエンターテイメントで、ハッピーな気分に浸れるからこそ会場観戦するんじゃないですか。

(アザゼルは・・・真逆かもしれないけれど・・・)

大会の最後に、岐阜県大垣市)出身の「おらがエース」による

『愛してまぁ~~~すっ!!』

で締めなきゃ、興行自体がズッコケちゃうんだもの。

 

その直前の愛知大会はドーでした?

地元の愛知県(愛知郡)出身のYOSHI-HASHI選手が、新必殺技(笑)でイービル選手を撃破したじゃないですかぁ~

 

あのタプタプな体で、筋肉お化けのイービル選手を破る・・・

ソレでイイんです、だって「おらがエース」だもの。

 

吉橋さん、愛知大会の会場に大応援団を引き連れてきたのよ。

もし吉橋さんを寝させてみなさいよ、彼ら二度と新日の興業に足を運んでくれないじゃない。

 

そんなバカな興行を打ったら、

ブッカーは興行師として失格

トットと廃業しちゃいなさいよ

って感じですよねぇ~

そんな負のサプライズは不要でござる。

 

みんなハッピーになれば、興行としては成功なんだもの。

それでイイじゃない。

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

でもね。。。

 

プオタが当初から懸念していたとおり、

最後まで勝敗の行方に

興味を失わないよう、

星勘定が整ってきた

感じが・・・しないわけないじゃない、コレじゃあ。

アザゼルは、

さぁ、例年のG1っぽく

なってまいりましたっ!

と楽しくなってきちゃったんですけれど・・・

 

ノアからやって来た、丸藤選手と中嶋選手が、

ガッツリ傷跡を残した

あたりも・・・

何とも香ばしい匂いがたち込めてきたではございませんか(笑)

 

ホント・・・

興行師って・・・大変ですよね・・・