xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ブロック・レスナー選手のドーピング疑惑 : 全米でガンガン報道されて笑えるっていうか、萎えちゃう ~コレだけダーティなイメージが付いちゃうと、マジで扱いに困るんじゃないの?WWE~

逐一報道機関の名前は挙げませんが、今回のドーピング疑惑

全米でガンガン報道されまくり(笑)

プロレスとか格闘技の業界紙なんかじゃなくて、一般の報道機関までドンドン参戦中。

 

おかげでブロック・レスナーのイメージは地に堕ちた・・・っていうか

汚れた英雄

裏切者

勝つためなら何でもやる無法者

の汚名が凄すぎて、ゴシップ・ネタ大好きっ子のアザゼルでさえ、萎えてきちゃった。

米国の報道機関って、叩き方が執拗かつ辛辣だもん。

 

でもね。。。

 

ホーガンさんのときと同様に、おそらくレスナー選手サイドから反論がなされることは容易に想定されます。

例えば、「風邪気味だったんで強い成分を含んだ市販の薬を服用しただけだ」とかね。

 

いずれにしても、

「意図的にドーピングを行った事実は無い」

と反論を行うんでしょう。

そうしなければ、バンダレイ・シウバ選手みたいに

「ドーピングまみれ君」

と噂されて、MMAどころかプロレスだって、コレまでみたいに簡単にはいかないぞ。

(少なくとも米国内では・・・ね)

 

もっとも・・・レスナー選手が疑惑を晴らして

奇跡の大復活

を遂げる可能性がNASA基準並みに0.0000001%もないとは言えません。

そうなれば、

真のヒーロー

となって映画出演で思いっきり稼ぐことも出来るけど

 

ちなみに、一時期WWEを窮地に堕ちいらせたのも

ドーピング問題

プロレスだからって関係だろうって?

さにあらず、米国でのドーピング問題に対する目の厳しさは、日本に居住する者からみれば

「あいつら、マジキチ」

と思えるほどなんですぞ。

 

まあ・・・日本人の方が無頓着というか大らかというか、

勝つためなら何やってもイイじゃんっ!!

と思い込んでいるフシがございますよね。

ソレが通用しないから軋轢が・・・

 

今年もまた大晦日にRIZINが開催されるんですが、

日本のMMA大会って、

ちゃんとしたドーピング検査

しっかりやっているの?

もちろん、ココでいうドーピング検査は、米国と同様、オリンピック基準並みってこと。

 

申し添えておきますが、一般の医療機関では、現在使用されている運動機能向上薬を検出することは非常に難しいんです。

米国では、ドーピング検出の専門機関に委託して行われていますし、むしろ、そうしなければ違反となります。

 

ドーピングまみれの筋肉怪獣がいくら勝とうが思いっきり萎えるだけ・・・

ツマンナイなぁ~