読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

W-1 : 選手契約終了のお知らせ、来たぁぁぁあああ! ~W-1最大のお楽しみといえば・・・もう崩壊の足音しか無いよね~

プロレス!

最近のプロレス業界、ツマンナイなぁ~

面白いコト、ないかしら~

 

と・・・思っていたら・・・

 

来ましたよぉぉぉおおお!!

W-1での選手契約終了のお知らせ

 

この度、AKIRA選手、田中稔選手、TAJIRI選手、浜亮太選手、中之上靖文選手が6月30日をもって契約満了につき退団する事となりました。

 

おぉ!

要するに、おカネのかかる選手との契約を終了し、武藤さんとおカネのかからない若手選手中心で団体運営しちゃうぞっ!ってことですよね(笑)

 

・・・どインディ・ラブのコアなプオタ以外、誰が観に行くんだろ???

旗揚げと同時に難破しちゃっているような団体だけに、更に固定費の見直しに着手したってことなんでしょうけど、ジャケッツとかじゃ・・・客寄せパンダにもならないんじゃないかしら?

 

もっとも、観客の少ない会場だからこその愉悦はあるんですが、全日やノアとは違って、W-1はアメプロ路線、しかもプロレス自体の安っぽさという点では他の追随を許さないって感じがしちゃうから・・・

ドコをドー愉しめばいいのか、ニッチ大好きなアザゼルにも分かりかねまするぅ~

 

そういえば。。。

 

W-1の5.4後楽園ホール大会に、全日本プロレス代表の秋山選手が来場し、W-1代表の武藤敬司とW-1主催の8.11横浜文体大会で対戦することを公表したとき、プロレス業界マスコミは

禁断の交流、解禁!

とか何とか一生懸命に煽ったのに、見事なほどにプオタから無視されちゃったのは、ご周知のとおり。

むしろ、今更、とっくに旬の過ぎたオジサンどおしが対戦してドーすんの?と永久凍土並みの冷めた眼で眺めていただけのような気もするのでござる。

 

アザセルとしては、ものの本でしか読んだことのない、大崩壊しちゃったWJでの長州さんと天龍さんの対戦みたいな感じもしちゃって、

 歴史は繰り返す

の証明となるか?っていう点だけは興味があったりすんですけれど。

 

でね。。。

 

W-1が一体どこまで存続できるのか、むしろ興味はソッチの方にあるんですが、その点は別冊宝島に期待しつつ・・・

今日はお休みなさいませ

 

 

 

と憎まれ口を叩いちゃいましたが・・・

大和ヒロシ選手の一刻も早い復帰を祈念いたしております。