xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

映画「帰って来たヒトラー」 ~絶対に観ますっ!絶対に観るんだけれど・・・その覚悟が・・・まだ~

 

この映画、原作を読んで以来、

超観たかったんですっ!!

総統閣下 、ハグしてください(マジ)

 

現在、公開中なのでスッゴイ楽しみ・・・なんですが・・・

このコメントを読んでから、相当の覚悟がいるなぁ~と尻込み中でござる

この映画は『薔薇の名前』のアンチテーゼだ。

薔薇の名前』のメッセージは、
われわれは笑えばファシズムから逃れられる、

だった。

『帰ってきたヒトラー』は逆に、
笑いがファシズムへと人を導くこともある、

と教える。

 

大澤真幸社会学者)

 

尊敬する大澤先生に、こう云われてしまっては・・・

覚悟するなという方が無理!無理!無理で~す!!

 

そうか・・・『薔薇の名前』か・・・

そうなんだ・・・

 

原作も、映画も、アザゼルにとっては殿堂入り級の大切な作品

(DVDだったけど)映画を観終わった後、感動っていうか、スゴイものを観てしまったんだわ・・・と思ったコトを今でも鮮明に覚えているぐらいなんだもの

 

コレのアンチテーゼだったことに、原作を読んでも気付かなかった、おバカなアザゼル

バイ・・・マジでヤバイです

 

でも。。。

 

出陣します、今度の土曜日(多分)

日比谷シャンテに突撃しちゃうぞっ!

 

観終わった後、女子であることも顧みず、突撃隊に入隊しちゃったりして

否っ!

男女の壁など、叩き潰してくれようぞぉぉぉおおお!

 (・・・意味不明)

 

あぁ・・・ワクワク感が止まりませぬ

 (天気が良ければ日比谷公園でお弁当を食べようっと)