読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

T-1 : 二見社長のブログに取り上げていただき、マジでビックリ\(◎o◎)/! ~プロレス業界も新日などの一部例外を除けば、今も不況の真っただ中ですものね~

 

えっ・・・!?

こんな場末のブログなんか、とっくに忘れられた存在だと思っていたので、まぁ~さか取り上げられることはあり得ないと思っていたんです。

 

だから・・・マジでビックリ!

 ォオ~!!(゚Д゚ノ)ノ

 

「ありがとうございます!」とお礼を申し上げるというより

「こんな場末のブログでイイんでしょうか・・・」って感じがしちゃって申し訳ない限り・・・でございます。

 

それにしても。。。

 

プロレスでご飯を食べるってことが困難になってから、もう何年経つのでしょうね。

新日とかDDTとかを観ていても、おそらくプロレスの

信じられないぐらいの不況ぶり

って分からないと思うんです。

 

実際、ほとんどの団体では、例えチャンピオンになっても、プロレス関連の収入だけでは人並みの生活が出来ないのが実情。

だから、自主興行ばっかり目立っちゃう状況に陥っているし、全日を含むインディ団体では、新日のような選手との専属契約を結べるような財政的余力が全く無いので、どこの団体の興業でも

どこかで見かけた名前

ばっかりがご登場という有様。

 

新日は売り興行以外は原則としてチケット・ショップさんには卸さないから、チケットさえ手に入れば必ず捌ける新日の後楽園ホール興行なんて・・・

最近はDDTや大日本も(少なくとも東京周辺では)人気があるし、団体側からお願いしてチケット・ショップさんにチケットを置いてもらう状況には変わりはないので、何とかなっているみたいなんですが・・・

 

ちなみに。。。

 

スポーツイベント等のチケット販売会社。

設立当初は海外のスポーツイベントのチケット購入代行や、アメリカのプロレス団体のキャラクターグッズの販売などを手掛けていた。

その後、日本の女子プロレス「息吹」の立ち上げやチケット販売も携わっていた。

しかし、業績低迷などから資金繰りが逼迫し27年11月、事業を停止し今回の措置となった。

 

注目すべきは負債額。

「負債総額は・・・(中略)・・・1,627万円」

 

2,000万円にも満たない金額で会社がパンク。

チット信じられらないぐらいに脆弱な財政基盤しか持ち合わせてはいなかったっていえるのでしょうねぇ~

 

で。。。

 

「息吹」なる女子プロレス団体(団体なのか、それとも単なるプロモーション会社なのかはドッチでもイイんですが・・・)について、wikiではこんな風に書いていましたぞ。

 

息吹

2005年に全日本女子プロレスGAEA JAPANが相次いで解散。

加えて世代交代が進まずどん底に追い込まれた女子プロレス界を救うべく元全日本女子で当時フリーだった吉田万里子自主興行「息吹」を旗揚げ。

興行名の「息吹」には低迷する女子プロレス界を復興へと導く、若き選手達の新たな時代の「息吹」を感じてほしいという意味が込められている。

同年6月5日に新木場1stRINGで第1回興行を開催。

2、3ヶ月に1回の割合で新木場1stRINGを中心に新宿FACE後楽園ホールなど主に関東地方で行っている。

「息吹」にはエスオベーション契約選手のみならず、フリー、他団体の選手も多く参戦している。またレスリングとのコラボレーションも行っている。

なお「息吹」は2010年2月11日に新木場1stRING大会をもって終了。

 

どん底かぁ・・・

女子プロレスの興業(キャット・プロレスを除く)に関わって、金銭的に成功した方なんているのかしら?

 

二見社長のお言葉を借りれば、30代後半以降の独身男性によるグッズ購入のおかげで団体が存続できているらしいのですが、

形を変えた風俗産業

って気がしないでもないんです。

この言い方が癪に障ると仰るのなら、

地下アイドルと同じ

でもイイです。

 

いずれにしても・・・真っ当な商売といえるのかしら・・・

アザゼルは女子プロレスに肯定的にはなれないんです。