読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

WWE : 世界最高峰のステージをご堪能あれ ~ストーンコールド、アンダーテイカー、ジョン・シーナ・・・新日?相手になんないから(笑)~

まずは入場シーンから。

プロレス興行は、試合そのものより、入場シーンの方が大切なのかもしれませんぞ。

 

w

 

ランキング1位のジョン・シーナ選手の入場シーンで、シーナさんの恰好をしたエキストラの一人がパフォーマンスを間違えちゃったらしいんですが・・・

誰か分かりますか?

 

ちなみに、上の動画では出てきませんが、アンダーテイカーさんによる伝説の

「カミナリ、ドーン!!」

は、コチラの動画に出てくるのでござるぅ~

なお、カート・アングル選手の「驚く」演技の上手さにもご注目くだされ。

 

 

コレを観ると、マネージャー役って、単なるエキストラなんかじゃなくて、マネージャー役の演技の上手さでレスラーの価値が大きく変わることが分かりますよね。

ちなみに、マネージャー役のポール・ベアラーさん(元レスラー、本名:ウィリアム・ムーディ)は、本当に葬儀業者でもあり、この手の陰鬱でオカルト的な雰囲気作りには

最適だったのでしょう。

(残念ながら、彼は2013年に他界されました。)

 

 

そして。。。

 

 

プロレスですから、試合も大切・・・ですよね・・・

といいつつ

 

 

ココは今をときめく、ドナルド・トランプさんのご登場(笑)

こういうバカバカしいことをスッゴク真面目にやるのがWWEの強みでござるよね。

 

 

ゴメンナサイ

 m(__)m

 

コチラをどうぞぉ~

 

www.youtube.com

 

エディ・ゲレロさんのフニッシュが棚橋さんに似ているって?

違いますっ!

 

体格に恵まれていない棚橋さんが、やはり体格に恵まれていなかったエディさんのムーブをパクったんです。

中学生のときから約10年、タナ様ファン一筋のアザゼルがハッキリ申し上げます。

 

棚橋さんって実はそんなにオリジナル・ムーブは持っていらっしゃらないんです。

あの武藤さんが

「棚橋は俺のコピー」

と何度も仰るとおりでございます。

 

それでも、そのムーブを自分の決め技にまで昇華できれば、プロレスでは無問題!ってことになるのが面白いところでございますよね。

掟破りはあるものの、WWEではトップ選手の決め技は他の選手が使えないという原則はございますが・・・

 

 

最後に。。。

 

 

アザゼルが好きなWWEの選手らで好きなのは・・・

JBLさんとクリス・ジェリコさん

 

ただし、JBLさんの現役時代は知りません(笑)

とにかく好き。

 

クリス・ジェリコさんは日本通らしいのですが、詳しいコトは知りません。

彼のレスリングが好き、だって、相手を輝かせる技術は素晴らしいんだもの。

 

 

【補足】今回引用させていただいた動画は、すべてWWEの公式動画です。

 

Catch more action on WWE Network !