xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

月影をたよりにぞ思う宵闇の我独りみる寂寥の夢

 

 

あらたまの

月立つまでに

来まさねば

夢にし見つつ

思ひぞ我がせし

 

(坂上郎女)

 

 

 

お休みなさいませ

良い夢を・・・