xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

WWE : 飯伏選手との契約を事実上、認める報道(笑) ~問題は、飯伏選手がNXTに所属することではなく、治療のため休養中のKENTA選手の立場がすでに消えかかっていること~

 

エヌヒトさまのご指摘のとおり、これはもう中邑選手が移籍したときと、全くと言って良いほど同じ対応。

なんて分かり易いのかしら(笑)

 

でね。。。

 

「飯伏まで奪うなんてWWEが許せない!」

 とか

WWEみたいなソープオペラ主体の組織より新日の方が試合内容では上だ!」

 とか・・・

いくら喚いたって現状は何も復せないわけで、もし言うのなら、WWE許せん!ではなく、新日ナニやってんだ!でしょう。

 

海外勢の振る舞いに腹を立てたところで、結局、海外資本に買収されちゃう日本企業みたいにギャーギャー喚く前に己の至らなさを反省しなさいよ、って感じですよね。

資本主義っていうのは、おカネを唯一絶対の評価尺度とする思想なんですから。

 

さてさて。。。

 

プオタ界の世情は、飯伏選手のことばかりみたいだけれど、むしろ興味深いのは、中邑選手、飯伏選手という、エンタメ色が強いハード・ヒッターがNXTに加入したことで、現在、欠場中のKENTA選手の立場が消えかかっていること。

しかも、中邑選手はWWEのメイン・ロースター入りが約束されているから、(WWEに日本人枠があるわけではないけれど)他の日本人選手(ASUKA選手を除く)がWWEに昇格するのは更に難しくなったといっても過言ではございますまい。

 

飯伏選手とKENTA選手が組んで日本人タッグ・・・そんな売れなさそうな線をNXTが狙うとも思えませんし、フィン・ベイラー選手はカール・アンダーソン選手らとともにWWEに昇格するみたいだし。

NXTにKENTA選手っているのかしら?

 

もちろん、何か秘策があるかもしれませんが、WWEはKENTA選手の契約期間満了前に契約を解除することもできるので、治療のために欠場中のKENTA選手の胸中や如何に?

って感じでライターなら記事の1本や2本は軽く書いちゃいそうですね(インタビューも無しで)。

 

アザゼルが一番嫌な展開は、WWEをリリースされたKENTA選手が新日のリングに上がること。

だって、それじゃあ新日はWWEの廃品回収所だもん。